Karaoke microphone
Photo: Egodi1/Pixabay

マスク着用でも歌声がこもらない「マスクエフェクト」が登場

カラオケメーカーのJOYSOUNDを展開するエクシングが新機能を開発

Advertising

新型コロナウイルス感染予防のため、新しい安全規則に基づいて営業を再開したカラオケボックス。換気や消毒のほか、入室の際はマスクの着用が義務付けられているのだが、一部の会場を除いて「歌唱中はマスクを外してもよい」とされていた。

とはいえ、カラオケボックス内では「3密」空間に長時間過ごすことになるため、最近はマスクを着用しながら歌う人の姿も増えている。これを受けて、カラオケメーカーのJOYSOUNDを展開するエクシングは、マスクをしながらも歌える「マスクエフェクト」を開発した。

このエフェクトを使えばマスクを着用していても声がこもらず、気持ちよく歌うことが可能になる。大声を出さなくても、元の声をきれいに拾ってくれるよう開発されているのだ。

新機能はすでに全国のJOYSOUND直営店舗に導入されており、対象機種を扱うカラオケ店でも利用できる。しばらくカラオケを控えていた、という人も今後はマスクを着けたまま自慢の歌声を披露できそうだ。

 

関連記事

外食店の現場に聞く、今求められているコロナ対策とは

最高峰のハイボールを飲める銀座のバーが営業再開、その対策とは

プリンスホテルが都民を応援、Go Toトラベルの東京除外解除まで5000円還元

空港など全国5カ所にPCR検査センターを開設

違反には罰金も、イギリスがスーパーなどでマスク着用を義務化へ

Share the story
最新ニュース
    Advertising