Ginza Rockfish
Ginza Rockfish

最高峰のハイボールを飲める銀座のバーが営業再開、その対策とは

進化するロックフィッシュ、安全、快適にたしなむ究極のハイボール

Advertising

最高峰のハイボールを飲めるバーとして知られるロックフィッシュ。今まで通りのコミュニケーションをとりながらも、安全、安心に飲める対策をし、営業を再開した。

内装はいままで通り。相互に交流できるスタンドと、ゆったりと過ごせるテーブル席だ。スタンドにはカウンターの奥、一人一人の境界にアクリル板を設置。歪みのあるビニールと違ってクリアな視界で対面できるので、バーマンや隣の客との会話にもストレスがない。テーブル席は必要に応じてスクリーンを下ろし、各テーブルを間仕切ることも可能にした。レトロビルの奥に位置するが、窓での換気と空間除菌脱臭機ジアイーノをフル稼働させている。

銀座ロックフィッシュ(店内の様子)

 

銀座ロックフィッシュ(店内の様子)

 

 2月末ごろから、弘前のハイボール列車など各地のイベントが次々にキャンセル。「3月には『コロナやめてけれ!キャンペーン』として567円でカナッペやサンドイッチなどを提供し、ランチ営業も開始しました」と店主の間口一就は振り返る。4月には居酒屋にシフトし、メニューの片面を390円均一にし、『おつまみ弁当』をテイクアウトで出すなど、瞬時に対応してきた。長期間の自粛要請によって再び苦境に立たされたが、その間にクラウドファンディングを立ち上げ、多くのファンが賛同した。そのサポートによりいち早くコロナウイルス対策を講じることができたのだ。

銀座ロックフィッシュ『おつまみ弁当』

 

銀座ロックフィッシュ『おつまみ弁当』

 

 

銀座ロックフィッシュ店主:間口一就

 

銀座ロックフィッシュ店主:間口一就

 

現在は12時からランチ営業し(もちろんハイボールも提供)、昼休みにふらりと立ち寄るビジネスパーソンの姿も。銀座ならではの活気が戻りつつある。

店主の間口は「私自身がそうなのですが、酒飲みなら早く心置きなく飲みに行きたいと願っています。好きな場所で、気のおけない仲間たちと、笑顔で一緒に。『美味しいは経済をまわす』をテーマにこれからも進化し続けます」と力を込めた。

テキスト:間庭典子

 

関連記事

夜の街の再開はいつ? スナックの現状を聞く

都内の飲食店を応援、街ごとのテイクアウトマップ』 

渋谷で最も3密な場所? のんべい横丁のこれから

人気バル、あつあつ リ・カーリカが期間限定でカレーを提供

自宅での日本酒タイムを盛り上げる、愉快なコラボレーション

Share the story
最新ニュース
    Advertising