glastonbury festival
Photograph: DFP Photographic / Shutterstock

グラストンベリーのシャングリラがバーチャルフェスを開催

Advertising

『グラストンベリー・フェスティバル』に行ったことがあるなら、シャングリラがとても楽しいことを知っているだろう。このエリアは奇妙なステージがたくさんあり(空っぽの移動遊園地や80年代の薄暗い競技場を思い浮かべよう)、アフターアワーズに行くべき場所として知られている。

2020年7月3日(金)と4日(土)、シャングリラを手がけるメンバーが、世界最大規模のVR(バーチャルリアリティー)用いたフィスを開催することが発表された。『ロスト・ホライズン(Lost Horizon)』と題されたこの音楽とアートをフィーチャーしたフェスティバルには、ステージが四つ用意され、音楽部門には50組、アート部門には100組の出演が予定されている。

ラインナップは豪華で、ファットボーイ・スリムやジェイミー・ジョーンズ、ジョン・ディグウィード、カール・コックス、イーツ・エヴリシング、ピート・トン、サシャ、セス・トロクスラー、スクリームらが登場。

雰囲気は、とても「シャングリラ的」なものになりそうだ。主催者はこのフェスを「仮想的であり、複合現実的でもあるフェスティバル」 と表現している。ユーザーはオンライン空間上の見晴らしの良い場所を移動したり、ほかのオーディエンスとチャットしたりすることができる。泥んこになる以外は、現実のフェスに行っている感覚を楽しめるだろう。

また、仮想フェス会場には、コンピューターが作り上げるアバターやホログラム、シャングリラでは定番となっている巨大看板アートも出現。さらに、SHITV(Shangri-La International Television)というステージでは、映画、ドキュメンタリー、演劇、ライブアート、コメディーを見ることができる。

『ロスト・ホライズン』をゲームモード(PC、VR、 iOS、Android)で楽しむ場合はここからサインアップが必要。ストリーミングは、 Beatport、 Twitchのほか、Facebook、YouTubeでも楽しむことが可能だ。ビッグイシューやアムネスティ・インターナショナルを寄付先としたプレミアムチケットもある。

原文はこちら

関連記事

フジロックが延期を決定、2021年8月に開催

カンヌ映画祭は通常開催せず、オフィシャルセレクションを発表

ラジオ×ドライブインシアター融合イベントの上映作品が決定

バーニングマンがプラットフォーム「Kindling」をローンチ

ロンドンのジャズカフェが閉店危機、クラウドファンドで資金を募集中

Share the story
最新ニュース
    Advertising