HOLYWHEELIN’ THEATER & RADIO in YOKOSUKA
HOLYWHEELIN’ THEATER & RADIO in YOKOSUKA

ラジオ×ドライブインシアター融合イベントの上映作品が決定

HOLYWHEELIN’ THEATER & RADIO in YOKOSUKAでシング・ストリートを観よう

作成者: Genya Aoki
広告

3密を回避できるレジャーの一つとして今注目されているドライブインシアターの進化形となるラジオと映画上映が融合したプロジェクト『HOLYWHEELIN’ THEATER & RADIO in YOKOSUKA 』の詳細が発表された。

2020年6月13日(土)〜14日(日)神奈川県横須賀市湘南衣笠ゴルフ駐車場で『シング・ストリート 未来へのうた』を上映する。同作品は、ジョン・カーニーがメガホンを取った80年代のポップソングのエッセンスが詰まった青春音楽映画だ。

シング・ストリート 未来へのうた
シング・ストリート 未来へのうた


本編上映前後には、会場限定で曽我部恵一(サニーデイ・サービス)と夏目知幸(シャムキャッツ)が出演するオリジナルラジオ番組を放送。映画の魅力や見どころ(上映後には感想)などについて語り合う。ラジオ番組のサウンドロゴの制作、作曲はSHINCO(スチャダラパー)、タイトルコールは中原昌也が手がけている。

またVIDEOTAPEMUSICが監督、音楽を務め、増田薫(思い出野郎Aチーム)が背景イラスト、ナレーションをmmmが担当したオリジナルムービーも上映予定。

開場は18時、ラジオ放送は19時開始予定で、チケットは1日鑑賞券で3,000円だ。6月5日(金)21時からPeatixで販売開始する。

会場には気分を盛り上げてくれるポップコーンやチリドックなどのフードも販売予定。外出自粛でもやもやした気持ちを新たな映画体験で吹っ飛ばそう。

注意事項など詳しい情報はこちら

関連記事

映画×ラジオの新たなドライブインシアターがスタート

6月幕張でドライブインシアター開催

ゴダール作品をオンラインで、独立系配給会社が配信を開始

劇場のニューノーマル、ベルリンでは座席を間引いて社会的距離を確保

ダニエル・アーシャムが想い描く1000年後のポケモンの世界

最新ニュース

    広告