ミニベロプロジェクト
Photo: 四国遍路

アフターコロナの旅行を模索、ミニベロで四国巡礼する企画が進行中

約25日で四国を一周、SNSで旅先からの実況も

作成者: Time Out editors
広告

アフターコロナの旅行の形にはどのようなスタイルが考えられるだろうか。そのような疑問に答えようとする新たな取り組みとして、折りたたみ型の⼩径⾃転⾞(ミニベロ)を使って四国の八十八ヶ所霊場を1カ月弱をかけて巡るというプロジェクトが2020年7月中旬に始まり、9月28日に実際の走行がスタートした。

ミニベロプロジェクト
鮎喰川(徳島県)

コロナ禍でインバウンド需要が減少する中、都市部とは違う風土のもとで健康的に日本の魅力を再発見することを目指し、新たな旅⾏需要につなげることが目的だ。

自転車を選択したのは、徒歩では所要時間や体力面でハードルが高く、自動車では道中の魅力と接しづらいという課題を解決するためで、その中でも、走行性能と操作難易度の低さを両立したタイレルのスポーツミニベロが多くの人に使いやすいと考えたという。

ミニベロプロジェクト
プロジェクト関連企業各社

同企画は四国をメインフィールドとする⾹川県の旅⾏会社、四国遍路とインバウンドによる地⽅創⽣活動を⾏うタビキョージャパン(TABIKYOJAPAN)が共同企画と運営を行い、⾹川発の世界的⾃転⾞ブランド、『タイレル(Tyrell)』、アウトドアスポーツブランドの『サロモン(SALOMON)』が協賛している。

ミニベロプロジェクト
プロジェクトスタート時の様子

⾃転⾞は『タイレル』のスポーツミニベロ『IVE−イヴ』、ウエアには『サロモン』の製品を使用し、事業企画と行程プランニングを四国遍路とタビキョージャパンが担当した。

ミニベロプロジェクト
第22番札所 平等寺

⾃転⾞やスポーツ、体験型の楽しい旅⾏という観点から、今後よりきめ細やかな旅を提案するために実際に走破して調査や情報収集を行い、SNSで実況情報発信もしている。寺への到達難易度に差があるため、走破した走行データが今後重要な情報になる。実際に走破して調査や情報収集も行う。

詳細は、TwitterInstagramにて随時更新中だ。なお、現在は愛媛県を巡礼しており、10月28日(水)頃に四国一周を完了する予定。コロナ禍でさまざまな旅行の在り方が模索されている現在、一つのケーススタディとしてSNSなどを追ってみるのもいいかもしれない。

なお、ミニベロによるツアーの開始は2021年春頃を予定。詳細は四国遍路の公式サイトを参照してほしい。

関連記事

2020年の紅葉の見頃は? 東京は12月まで

ポストコロナに対応した「新しい旅のエチケット」が発表

コロナビールが沖縄のホテル客室を買取、旅行業界をサポート

日本各地のグランピング施設15選

全世界からの入国が10月に一部解禁へ

最新ニュース

    広告