Travel
Photograph: Erik Odiin on Unsplash

ポストコロナに対応した「新しい旅のエチケット」が発表

英文併記で「予約とり、並ばず、ゆったり、楽しい観光。」など旅行者へ周知図る

作成者: Ryuichiro Sato
広告

新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針』では、2020年6月19日から観光振興の観点からの人の移動について、県外から人の呼び込みを徐々に実施することとされている。これを受け、県外への移動自粛が解除されたが、今後の観光振興に当たって感染リスクを避けながら安全に旅行することも求められている。

この要請に応えるため、交通機関や宿泊、観光施設など旅行関係の業界団体で構成される旅行連絡会が、旅行者視点での感染防止のための留意点をまとめた『新しい旅のエチケット』を策定、発表した。これは、旅行時の感染防止のための基本的な留意事項や移動や食事、ショッピングなど旅行のさまざまな場面での注意点を掲載したものだ。英文表記でインバウンドに対応しているのもうれしい。

新しい旅のエチケット
新しい旅のエチケット

「マスク着け、私も安心、周りも安心。」「間あけ、ゆったり並べば、気持ちもゆったり。」などソーシャルディスタンスにつながる基本的な事柄だけでなく、「おみやげは、あれこれ触らず目で選ぼう。」「予約とり、並ばず、ゆったり、楽しい観光。」といった観光と結びついた留意点が、リズミカルなフレーズで挙げられている。

今後、旅行連絡会の加入団体などを通じてホームページやポスター掲示、チラシ配布で旅行者への周知を図っていくという。マスクをしていると、ソーシャルディスタンスなどをつい忘れがちになる今の時期だからこそ、改めて知っておきたい。

『新しい旅のエチケット』の詳しい情報はこちら

関連記事

今旅行できる国が簡単に調べられる便利ツール「Tripsguard」

観光庁の「Go To トラベルキャンペーン」の概要が発表

7月上旬までは階段のみ、エッフェル塔が6月23日から一部再開

世界のタイムアウトエディターが寄せた日本への思い

香港ディズニーランドが6月18日から営業再開

最新ニュース

    広告