Photo: Hakuhodo Product’s, Inc
Photo: Hakuhodo Product’s, Inc

まるでSF映画、触れずに反応するエアータッチパネルが登場

博報堂がタッチすることなく情報を入力できる近未来的な機能を開発、販売へ

Advertising

新型コロナウイルスの予防対策はこれからも続くが、手の消毒やマスクの着用、ソーシャルディスタンスの次は、何が来るだろう。

博報堂プロダクツは、202078⽇(土)から新製品『触れずに触れられる、エアータッチパネル』の提供を始めた。まるでSF映画に出てきそうなこのデバイスは、空中にホログラフィックディスプレイを映し出し、通常のタッチスクリーンと同じように操作することができる。この技術は、物理的な接触を必要としないため、新型コロナウイルスの接触感染のリスクを軽減することが可能だ。

Photo: Hakuhodo Product’s, Inc

 

Photo: Hakuhodo Product’s, Inc

 

 エアタッチパネルは、情報通信研究機構発のベンチャー企業、パリティ・イノベーションズによって開発された『パリティミラー300』が使われている。『パリティミラー300』は、どの角度から見ても立体的な画像を空中に投影するという優れた光学技術によって発明されたものだ。空間に浮かび上がっているホログラムに指先が触れると、手や指の動きを追跡するモーションセンサが反応する。

 この技術は、あらゆるものにタッチスクリーンが搭載されるようになった日本において、多くの企業にとって画期的な技術となる可能性がある。エアタッチパネルは当初、娯楽目的で開発されていた。しかし現在も進行しているパンデミックの影響で、企業はこの技術をより多くの用途で利用できるようにすることに重点を置くようになった。

『触れずに触れられる、エアータッチパネル』は、図書館や書店の検索パネル、病院や公共施設での受付や発券端末、飲⾷店のメニュー端末などに利用される予定だ。出かけ先にはすでに設置されているかもしれないので、確認してみてほしい。

原文はこちら

関連記事

オンライン飲みの進化形、六本木awabarVR店舗を開店

家から世界を旅できるベストバーチャルツアー10

世界の美術館のアートマスク9

宇宙にできた最初のバー、酔った気分が味わえる不思議な店が六本木に

今こそ行きたい、オープンエアなレストラン12

Share the story
最新ニュース
    Advertising