今日の立ち食い:喜久や 吉祥寺

せわしない週のはじめは、サクッと寄れる立ち食い店を紹介

喜久や 吉祥寺
作成者: Mari Hiratsuka |
Advertising

必食:『バニラアイス』(216円)

今日は、立ち食いてんぷら屋の喜久や 吉祥寺を紹介しよう。2015年に恵比寿で開業して以来、都内を中心に店舗を拡大する気鋭の立ち食い天ぷら店だ。吉祥寺店は2017年、東口方面の高架下にオープンした。同店の特徴は洗練された空間づくりとツボをおさえたメニューで、定番から変わり種まで充実している。油が跳ねにくいフライヤーを導入していることで、『大根』(205円)や『バニラアイス』(216円)といった水分の多いネタを天ぷらで提供している点も見逃せない。

喜久や 吉祥寺の詳細はこちら

先週、最も読まれた記事ベスト3

音楽

インタビュー:二丁目の魁カミングアウト

自分の容姿や年齢、家庭環境など自分ではどうにもならない要素を原因として、やりたいことを諦めた経験がある人は少なくないだろう。それが、セクシャリティーによるものだとしたら、その挫折感は大きいのかもしれない。 男性でありながら女性アイドルに憧れ、叶わぬ夢と知って一度は諦めたメンバーたちが、アイドルという夢に突き進むために結成されたグループがある。二丁目の魁(さきがけ)カミングアウトだ。  

レストラン

東京で楽しむ、手頃価格のミシュランレストラン

ミシュランの星を獲得したレストランの数は、東京が世界最多と言われるように、わが街は世界最高の食の都だ。2019年版のミシュランガイドブックにその名を刻むことができた星付きレストランは230軒。三つ星と評価されたのは13軒、二つ星は52軒、一つ星は165軒に上る。今回、新カテゴリーとして「おにぎり」が登場したことも話題となった。

Advertising
ニュース, 映画

5月公開の注目映画5選

夏休みのような長期ゴールデンウィークが終わり、現実に引き戻された5月。今月は、実存の人物を題材にした作品が目立った。ガス・ヴァン・サントの新作で、アル中の風刺漫画家をホアキン・フェニックスが演じる『ドント・ウォー リー』や、実在のガールズスケートクルーを中心に描かれる青春劇『スケート・キッチン』などだ。

タイムアウト東京が注目する新着ヴェニュー

ホテル, 旅館

温泉旅館 由縁 新宿

icon-location-pin 新宿

※2019年5月8日オープン

新宿5丁目に旅館がオープン。日本特有の宿泊施設である旅館の魅力を見つめ直し、現在のニーズに合わせたスタイルでもてなしを提供する。注目したいのは、最上階(18階)に設けられる露天風呂付き温泉。湯は箱根の源泉から運んでいる。都会の真ん中で温泉に浸かるのも、嬉しい思い出になるだろう。宿泊料金は、ビジネスホテルの価格帯を予定している。

Advertising