東京、 銭湯居抜きの店5選

アートギャラリーや居酒屋、コワーキングスペースなど、意外なリノベーションスポット

作成者: Mari Hiratsuka および Time Out Tokyo Editors |
Advertising
分福

タイムアウト東京 > THINGS TO DO > 東京、 銭湯居抜き店舗5選

日本人の憩いの場、銭湯。ここ数年、スーパー銭湯などのレジャー系施設は増加しているものの、銭湯は全国で1日1軒が廃業している現状がある。しかし、そんな銭湯をリノベーションし、違う業態で営業する取り組みも同時に広がっている。地域の人が集うコミュニティーの場でもあった銭湯が新たなコミュニティーに愛される場へと進化しているのだ。ここでは、アートギャラリーや居酒屋、コワーキングスペースなど意外な形で活用されている場所を紹介したい。

アート, ギャラリー

スカイ ザ バスハウス

icon-location-pin 谷中

上野公園からほど近い場所にあるギャラリー、スカイ ザ バスハウス(SCAI THE BATHHOUSE)。築200年以上と、歴史ある銭湯『柏湯』を改築して1993年にオープンした。現代美術の展覧会を中心に、森万里子や宮島達男らといった現代日本の最先鋭アーティスト、アニッシュ・カプーア、ボスコ・ソディ、ヘ・シャンユなど海外の作家の作品を展示。内観は、コンクリート床に白壁というシンプルな作りになっており、展示作品に集中して向き合うことができる。 

レストラン

分福

icon-location-pin 田町

創業90年、惜しまれながら閉館した銭湯万才湯を、リノベーションした居酒屋。地域の人々に慕われた思いを継ぎ、その趣を大胆に生かしている。店内は富士山が描かれた壁面や、タイル張りの浴槽がそのまま掘りごたつ席になっているなど、当時の面影の残しつつも新しい空間として生まれ変わっている。体重計や掛け時計、銭湯閉店を告げる案内書きなど多くのものがインテリアとして飾られており、過去から現在へのバトンを感じさせるレトロ&ローカルな空間だ。メニューは、豊洲直送の魚介と季節の酒をメインに、焼き魚、串ものや揚げ物、ビール、サワー、ワインなど定番の居酒屋料理を味わうことができる。風呂上がりの珈琲牛乳をイメージした特製牛乳瓶カクテルといったユニークなメニューも見逃さずに。

Advertising
レストラン

とんかつ まい泉 青山本店レストラン

icon-location-pin 原宿

『かつサンド』で有名なとんかつ屋、まい泉の本店。レストラン「西洋館」は半世紀は過ぎている古い銭湯を改装して作られた。この面影を残したのは、「銭湯」という地域の人たちに愛された場所を残したいという思いから。裏手の広々とした部屋に席を確保できたら、高い天井などの昔の名残が見られるだろう。そんな歴史も振り返りながら、絶品のロースかつ定食やヒレかつ定食を頬張るのもいいだろう。           ※2019年2月1日から7月25日まで内装改装中

ステージ

ブイ(BUoY)

icon-location-pin 北千住

2017年、クラウドファンディングにより北千住に誕生したアートセンター。20年以上も廃墟で、元ボウリング場で銭湯だった場所をリノベーションしている。かつての銭湯は劇場に、ボウリング場はアーティストのスタジオ、ダンスや演劇の稽古場、ふらりと立ち寄れるカフェやイベントスペースへと生まれ変わった。

Advertising
Things to do

バスハウス

icon-location-pin 代々木上原

代々木八幡にある、銭湯にコワーキングスペースとカフェバーを取り込んだ「ハイパー銭湯」。「仕事して、ひとっ風呂浴び、ビールを1杯ひっかける」がコンセプトだ。それだけでも斬新だが、完全キャッシュレスという従来の銭湯とは真逆の取り組みをしている。 銭湯の利用は700円で、ヒノキ風呂とタイル張りの風呂があり男湯と女湯は週ごとに入れ替え制。マンスリー会員になると9,800円で何度でも入ることができる。 地下1階にあるコワーキングスペースは、100平方メートル、40席のゆったりとした空間が広がる。キッチンや畳、プリンターなどを完備し、1日2,000円で利用可能だ。曜日や時間帯などで細かく分かれているので、自分に合った使い方でレンタルしよう。 

やっぱり湯につかりたいなら……

Things to do

デザインで銭湯に新たな命を吹き込む

ここ数年、銭湯がテレビや雑誌で取り上げられることが増え、ちょっとしたブームとも言えるが、反面、廃業する店は依然として後を絶たない。銭湯の数が最も多かったと言われる1968年、都内には2600以上の銭湯があったが、2016年には約600軒にまで数を減らした。背景には客離れや経営者の高齢化、後継者の不在などの問題がある。 

Things to do

東京、タトゥーフレンドリーな銭湯

極道者の象徴というカビの生えたイメージがいまだ残るためか、タトゥーや刺青(いれずみ)は、日本の温浴施設では風紀を理由に排斥されがちだ。観光庁が公式サイト上で「外国人旅行者が急増する中、入れ墨がある外国人旅行者と入浴施設の相互の摩擦を避けられるよう促していく必要がある」と呼びかけるなど、対応改善に向かう風潮はあるものの、同庁が2015年に行った全国のホテル・旅館約3800施設を対象にした調査では、過半数の施設が「入れ墨がある方に対する入浴について お断りをしている」と回答している。温泉施設やスーパー銭湯などの大きな店では壁はまだまだ厚いものの、銭湯では比較的寛容な店が多い。普段から肩身の狭い思いをしてる人々のために、タトゥー・刺青OKな都内の銭湯を紹介する。なお、公式にOKとしている店でも、大勢での来店は断っているところは多いので、配慮が必要だ。

Advertising