恋愛に効く、東京の神社仏閣10選

迷える女子必見、恋愛成就の神の下に

タイムアウト東京 > THINGS TO DO > 恋愛に効く、東京の神社仏閣10選

テキスト:寺田愛

独身たちが夢見ているのは「素敵な異性との出会い」か、それとも「平凡な幸せ」か。 1月20日が「玉の輿の日」と言われていることを知っているだろうか。1905年のこの日、米金融財閥モルガン商会の創立者の甥(おい)であるジョージ・モルガンが、祇園で見初めた芸妓(げいこ)のお雪と結婚したことに由来する。お雪のような玉の輿を願うも、より深き縁を望むも、恋に迷える時には、良縁成就に効くと評判の神社を訪れてみてはどうだろうか。最高の恋愛を手に入れるために、まずは神頼みから始めるとしよう。恋愛に効く神社仏閣を紹介する。

1
代々木八幡宮
1/10

代々木八幡宮

代々木八幡宮が祀(まつ)るのは、厄除開運の神様として知られる応神天皇。境内は都心とは思えないほど静かで、木々が生い茂る中で歩を進めるうちに心が浄化されていくようだ。東京都内でも有数のパワースポットのひとつと言われ、連日参拝客の足が絶えない。『縁結び守り』は紅水晶の勾玉。水晶には、持つ人の心を、清らかな水のように淀みなく純粋にし、潜在能力を引き出す力があると言われている。

詳細情報
代々木八幡
2
神田明神
2/10

神田明神

三柱の神様が祀られた神社で、730年に創建したと伝えられている。大己貴命(おおなむちのみこと)は、出雲大社の祭神で、夫婦和合、縁結びの神様としての神徳がある。朱色と白色の2つのお守りがセットになっていて、縁を結びたい人に片方を渡す『縁結び御守護』が人気。

詳細情報
末広町
3
東京大神宮
3/10

東京大神宮

伊勢神宮の分霊を祀っていることから「東京のお伊勢さま」とも呼ばれている。東京に数ある神社の中でも、良縁に恵まれる縁結びの神として、平日でも境内は女性の参拝客で賑わいを見せている。幸福が訪れるという花言葉の鈴蘭をかたどった『縁結び鈴蘭守り』が人気。日本で初めての神前結婚式を行った神社としても知られる。

詳細情報
飯田橋
4
西新井大師
4/10

西新井大師

正式名称は五智山遍照院總持寺(ごちさん へんじょういん そうじじ)。826(天長3)年、弘法大師が創建したことに始まるとされ、火伏せの大師、厄除開運の霊場として有名だ。西新井大師とは無関係だが、境内の露店で売られている『西新井大師の指輪』が、縁結びに効くという評判が広がり、買い求める客で行列ができるほどの人気を誇る。

詳細情報
足立区
5
赤坂 氷川神社
5/10

赤坂 氷川神社

八岐の大蛇(やまたのおろち)の生贄(いけにえ)にされそうになった奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)と、それを助けた素盞鳴尊(すさのおのみこと)が祀られている神社。後に2人が夫婦となったことから、縁結びにご利益があるとされる。六本木と赤坂の中間に位置する閑静な住宅街にある。周囲の喧騒(けんそう)から一変、厳かな雰囲気が流れ、参拝後には心身共に引き締まる気持ちにさせてくれる。

詳細情報
港区
6
出雲大社 東京分祠
6/10

出雲大社 東京分祠

六本木ヒルズのそばにある、縁結びで知られる島根県出雲大社の御祭神、大国主大神の分霊を祀る都内唯一の分祠。恋愛成就の祈願をしたいけれど、出雲大社まで行くには遠すぎる、という人におすすめだ。ビルに囲まれ、閑静な住宅街にこぢんまりと佇(たたず)んでいるので見逃さないように注意を。『縁結守』や『えんむすび絵馬』『縁むすびの糸』など、お守りも充実している。

詳細情報
六本木
7
今戸神社
7/10

今戸神社

男女の神、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)が祀られていることから、縁結びの神社として知られる。今戸は招き猫発祥の地とも伝えられており、オスとメスが一体になった招き猫は、商売繁盛に加えて、良縁を招くとされている。

詳細情報
浅草
8
待乳山聖天
8/10

待乳山聖天

毘沙門天を祀った浅草七福神のひとつ。聖天は『大聖歓喜天』の略で、ゾウの頭を持つ夫婦の姿をしている。その男女が抱き合う姿から、縁結びや子授けのご利益があるとされるのだ。最強との呼び声高い『浴油祈祷』という祈祷を受けることもできる。これにより、不可能と思われるような願いごとでも、成就させてくれるという。

詳細情報
浅草
9
新田神社
9/10

新田神社

知勇に優れた武将、新田義興公を祀る神社。運を開き、幸せを導く神様として現在でも信仰されていることから、恋愛成就にもご利益があると人気だ。境内には、グラフィックデザイナー浅葉克己による石の彫刻『LOVE神社』が奉納されている。彫刻の前で写真を撮ったカップルには幸せが訪れると評判が高い。『LOVE守り』は、同じく浅葉のデザインで、お守りとしては珍しく斬新でモダンなデザインだ。

 

詳細情報
武蔵新田
10
日枝神社
10/10

日枝神社

毎年6月に江戸三大祭のひとつとされる『山王祭』が行われることで有名な神社。御祭神として大山咋神を祀っている。神使は猿といわれ、神門と向拝下に夫婦のサルの像が安置されている。サルは厄除け魔除けのの守護神、猿(えん—縁)に由来し、縁結びだけでなく、安産の神としても崇められている。

詳細情報
溜池山王

おみくじにもこだわるなら...

東京、おみくじで選ぶ神社仏閣

神社や寺に参拝に行った際、ついつい引きたくなってしまうおみくじ。かつて、国の政や後継者選びなどの際、神の意志を占うために「くじ引き」をしていたことがおみくじの起源とされている。神社仏閣に訪れた参拝者が自身の吉凶を占う、現在にも続くおみくじの文化がはじまったのは、鎌倉時代のはじめ頃。おみくじと言えば、和歌や漢詩とともに吉凶が書かれたものが一般的だが、コンビニよりも多いとされる神社仏閣、なかにはわざわざ足を運んでも引いてみたい、変わり種のおみくじを置くところもある。ここでは、内容が気にならないほど可愛らしいおみくじ、引くのではなく「釣る」おみくじ、恋の行方に特化したおみくじなど19種類を紹介する。

コメント

0 comments