週末、インドア花見を楽しむ5の場所

インドア花見が楽しめるDJバーやカフェ、レストランを紹介

SAKURA CHILL BAR by 佐賀
作成者: Mari Hiratsuka |
Advertising

タイムアウト東京 > THINGS TO DO > 週末、インドア花見を楽しむ5の場所

気候も温かくなり、今週末には関東地方などで、見頃を迎える桜。しかし今年は、室内で楽しむ「インドア花見」が、トレンドになりつつあるようだ。花見には混雑や寒さ、花粉などがつきもの。ここでは、場所取りも買い出しもいらない花見空間を提供する、DJバーや、カフェなどを紹介する。

レストラン

ビヤホールライオン 銀座七丁目店

icon-location-pin 銀座

1934年にオープンした、日本最古のビアホール。同店では、4月14日(日)まで、『お花見ビヤホール』として、店内に桜の装飾を施し、場所取りも買い出しもいらない花見空間を提供している。『琥珀ヱビス』『ヱビス スタウト クリーミートップ』『エーデルピルス』などの豊富なビールメニューが魅力の同店。室内で花見を楽しみながら、美味いビールを堪能してほしい。つまみには、数量限定のローストビーフもおすすめだ。

ナイトライフ

青山トンネル

icon-location-pin 青山

週末になるとお洒落なクラウドで混み合う、渋谷のラウンジDJバー。3月30日(土)まで、毎春恒例の『桜祭り2019』を開催している。期間中は、店内に桜の生花を装飾しており、良い音楽とともに花見気分を楽しめる。1階には幻想的な雰囲気なレッド バーもあり、また違った雰囲気と音楽を楽しめるのも魅力の場所だ。

Advertising
レストラン, カフェ・喫茶店

カナルカフェ

icon-location-pin 飯田橋

飯田橋駅のすぐそばという都会にありながら、お堀の景色を眺められる気持ちの良い店。デッキとレストランとに分かれ、それぞれに異なる過ごし方ができる。この季節になれば、お堀に咲く桜と、水辺に映る桜の両方が楽しめる。花見の季節はテラス席が人気だが、店内からも桜が楽しめるので、寒い日にも重宝するだろう。

花見イベントをもっとチェックする

Things to do

東京、花見イベント2019

街行く人々のコートも軽くなり、そろそろ花見の季節がやってくる。日本気象協会が発表した東京都心の予想開花日は、2019年3月23日(土)。予想は今後も更新されるので花見の計画を立てる前にチェックしよう。特に注目したいのは、アメリカで開催されるDIYフェスティバル『バーニングマン』で話題になったアーティストとのコラボレーションが行われる『日本橋 桜フェスティバル』や、靖国神社能楽堂にて行われる能と夜桜が楽しめる『靖國神社 夜桜能』だ。桜の季節を満喫してほしい。

レストラン

東京、桜色グルメ6選

春爛漫。軽やかな春風が心地よい昨今、花見の予定を控えている人も多いだろう。この時期限定の淡いピンク色の花は、目で楽しむのはもちろん、スイーツやグルメとしても春の訪れを教えてくれる。本特集では、桜スイーツから桜をテーマにしたブッフェ、桜色の鍋など都内で味わえるおすすめの桜グルメをピックアップした。花より団子という人も、心踊る「お花見」となること間違いなしだ。

Advertising