Photo: Masaaki Kasuga
Photo: Masaaki Kasuga

2人の写真家が捉えた1964〜2021年、あの頃の東京

春日昌昭とハービー・山口の作品を紹介、東京初の五輪から今夏までの変化

編集:
Marcus Webb
寄稿:
Genya Aoki
広告

※本記事は、『Unlock The Real Japan』に2021年7月19日付けで掲載された『Life through a lens』を翻訳し、転載。

57年前の1964年、東京で初のオリンピックが開催された。あれから2021年夏の大会までの間に、東京がどのように変化したのか。日本の首都を記録した2人の偉大な写真家、春日昌昭とハービー・山口の作品を通して紹介しよう。

春日昌昭 (1964年の東京)

秋葉原の電気店

Photo: Masaaki Kasuga

日本初となる東京オリンピック開催時の新宿の街中

Photo: Masaaki Kasuga

オリンピック旗が誇らしげに掲げられた衣料品店

Photo: Masaaki Kasuga

現在はモヤイ像が建つ渋谷駅西側

Photo: Masaaki Kasuga

 

ハービー・山口 (1970-2021年の東京)

東京で集団デモを行う学生(1970年)

Photo: Herbie Yamaguchi

天皇陛下の国葬当日、皇居に集まる会葬者たち(1989年)

Photo: Herbie Yamaguchi

父親の自転車に乗る3人の子ども(2009年)

Photo: Herbie Yamaguchi

国連の「持続可能な開発目標」を推進する列車が東京を通過(2021年)

Photo: Herbie Yamaguchi

Marcus Webb(マーカス・ウェブ)

タイムアウト東京を運営するORIGINAL Inc.のエディトリアルディレクター。また、スロージャーナリズム誌『Delayed Gratification』のエディターも務めている。

関連記事

  • Things to do
  • シティライフ

今年の『東京オリンピック・パラリンピック』は、アジアの都市で初の2回開催、史上初の延期、そして初の無観客など、初めてのことがたくさんある。2020年以前に誰もが予測していた状況ではないが、ようやく2021年7月23日に東京オリンピックの開会式を迎えることができた。

 

  • スポーツ
  • スポーツ

東京オリンピックが開幕して以来、世界中のアスリートたちは選手村での体験をSNS上で共有している。24時間営業の食堂で「世界一おいしい餃子」を提供しているなど、選手たちはさまざまな情報を発信。

また、選手村にある再生可能なダンボールベッドについても多くの議論が飛び交っている。大会が始まる前から「性行為防止ベッド」と言われ、アスリート同士の密な接触を防ぐために薄っぺらくデザインされているという声があった。

選手たちはベッドを試し、頑丈なことをTikTok上で証明している。実際フレームは木製のベッドフレームよりも丈夫に設計されているようだ。しかし、ダンボール製のフレームが壊れないわけではなく、すでに何人かの選手がベッドを壊してしまっている。ここではその様子を見てみよう。 

広告
  • スポーツ
  • スポーツ

東京オリンピックが正式に開幕し、アスリートたちは晴海にある44ヘクタールの選手村に集まった。選手村には宿泊施設や公園、ショップ、レクリエーションスペースなどがあり、アスリートたちはオリンピック期間中、快適な生活とトレーニングを送ることができる。

選手村の中で気になるのは「食事」かもしれない。選手に食事を提供するメインダイニングは、24時間営業で、1日4万5000食を提供。日本、西洋、アジア料理など地域別のほか、ベジタリアン向け、グルテンフリー、ハラルなど、あらゆる食文化に対応できるよう、700種類のメニューが準備されている。 カジュアルダイニングでは、おにぎりや麺類、鉄板焼きなど日本で日常的に食される食事を中心に提供。

世界中のアスリートたちは食事のラインアップに驚き、なかにはTikTokで食事を絶賛している人もいる。ここでは、その様子を見ていこう。

  • Things to do
  • シティライフ

東京オリンピック開会式の目玉となった聖火台を完成させるため、佐藤オオキ率いるデザイン会社のnendoは85もの案を提出した。その努力は報われたと言えるだろう。開会式で初めて披露された瞬間、聖火台は真っ白な球体だったが、テニス日本女子代表の大坂なおみが聖火を手にすると見事な花を咲かせた。

広告
  • Things to do
  • シティライフ

賛否両論を巻き起こしつつも開会式を終え、現在東京2020オリンピックの各種競技が開催中だ。日本勢初の金メダルを含むメダルの獲得も、大会初日から続いている。

今年は大坂なおみや「ゴジラジャパン」の愛称で知られる柔道チームを含む582人の選手が参加する予定で、2021年8月8日(日)までは33種目339のセッション開催される。オンラインでの視聴やオリンピック・アゴラでの展示など関連イベントも見逃せない。

おすすめ
    関連情報
      広告