今日しかできないこと:9月16日(日)

ナシゴレンは田舎風にする。ー9月16日はマレーシアの日

作成者: Ikumi Kondo |
Advertising

ナシゴレンは田舎風にする。ー9月16日はマレーシアの日

916日は、マレーシアの日。1963年のこの日、マラヤ連邦とイギリス保護国北ボルネオ・イギリス領サラワクが合併してマレーシアが成立したことから。今日は、マレーシア大統領も絶賛したマレーシア料理店、Malay Asian Cuisineを紹介しよう。同店の人気メニュー『ナシゴレン カンポン』は、煮干しを使った田舎風の味付けで、日本人にもちょうどいい辛さ。コクのある魚の風味を味わえる。辛党の人は、別皿で添えてあるチリパディという青トウガラシのソースで好みの辛さに調整するといいだろう。

Malay Asian Cuisineの詳しい情報はこちら

先週1週間で最も読まれた記事ベスト3

レストラン

江戸っ子になる。

東京、立ち食い寿司10選

東京、立ち食い寿司10選 高級日本料理の代表格というイメージが強い寿司だが、もともと握り寿司は、せっかちな江戸っ子のために生まれた屋台の味。当時のファストフードと言える存在だった。現在では回転寿司という選択肢もあるが、今回は本来の姿に立ち返り、東京の美味しい立ち食い寿司を紹介したい。一人でも気軽に立ち寄れる店ばかりなので、急に寿司が食べたくなったときに駆け込もう。

ニュース, シティライフ

ロックンロールに生きる。

ローカルレジェンド#20 ロカビリーショップオーナー エロヴィス佐藤

「ロカビリーは、自分の生き様」と話すのは、1950年代の音楽とカルチャーに深く魅了されたエロヴィス佐藤。原宿で25年以上続くロカビリーショップ原宿ジャックス(Jack's)のオーナーであるほか、バンドのボーカルや音楽プロデューサーとしても活躍している人物だ。

Advertising
ナイトライフ

ローカルに混じって乾杯する。

東京、訪れてほしい夜の高架下

高架下と聞くと、どんなイメージが浮かぶだろう。連なる飲み屋とサラリーマンの聖地というイメージだろうか。しかし近年、高架下のスペースを利用した洒落た施設が次々にオープンし、そのイメージを覆すような場所も増えた。高架下は、それぞれ地域の特色が出ているのも面白い。洒落た空間で軽く飲める中目黒や、スタイリッシュな大井町、ガード下飲食店発祥の有楽町など様々だ。ここでは、新旧の高架下スポットをおすすめの店とあわせて紹介する。電車の音をBGMに、ローカルに混じって乾杯しよう。

Advertising