今日しかできないこと:7月23日(日)

気持ちは手紙で伝える。ー7月23日はふみの日
カキモリ
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

気持ちは手紙で伝える。ー7月23日はふみの日

7月23日は日本郵政が定める、ふみの日。現代では、メッセージはメールやSNSで送ることが当たり前となったが、たまには手紙をしたためてみてはどうだろう。蔵前の文具専門店カキモリなら、万年筆やノートなど、独自にセレクトした品が幅広く揃っているので、書く行為が楽しくなるはず。表紙や中紙、留め具などを指定してオリジナルのノートを製本してもらうこともできる。併設されたインクスタンド(ink stand by kakimori)では、オリジナルインクを作ることも可能だ。

カキモリの詳しい情報はこちら
インクスタンドの詳しい情報はこちら

先週1週間で最も読まれた記事ベスト3

トラベル

芸術家目線で東北を見る。

東北アップデート:アートが進める変化

宮島達男にとって、その日は人生で最も長い4日間だった。東北芸術工科大学の副学長だった宮島は、地震と津波が東日本を襲った2011年3月11日の震災当日は関東にいた。山形キャンパスへと戻り、学生たちの無事を確認するのに、4日を要した。日本でもっとも著名な現代芸術家のひとりである宮島は、東北へ着くとすぐに行動を起こした。近くの石巻市で津波の被害に遭った家々から、泥土をかき出す作業に取りかかったのだ。緊急を要する仕事が一段落したところで、60歳の宮島は、東北の復興のために自らの能力をどのようにいかせるだろうかと考え始めた。

ニュース, アート

夜のアート鑑賞に出かける。

この夏、行くべきナイトミュージアム6選

美術館を訪れる時間がなかなか作れないという読者も多いのではないだろうか。大抵の美術館は平日は18時前に閉館するので、仕事帰りにアート鑑賞するのは困難だ。一方で、週末には展示を見る人たちで混み合っている。そんな事情もあり、美術館に行くことが億劫(おっくう)になっていたアート好きに朗報がある。今年の夏は、都立や国立の美術館6館で「サマーナイトミュージアム」が開催される。期間は、2017年7月20日(木)から8月26日(土)まで。 サマーナイトミュージアムに参加する美術館や博物館は少なくとも週1日、2日は21時まで開館する。この夏はバーに行く前に展覧会に立ち寄ったり、帰宅ラッシュを避け、夜の涼しい美術館や博物館でアート鑑賞をゆっくりと楽しむのもいいだろう。

Advertising
レストラン, 日本料理

夏の風物詩をすする。

東京、冷やし中華10選

年々、真夏日が増え気温が上昇する東京で、冷やし中華の存在感は増している。もともと夏には欠かせない存在だが、最近では定番の醤油ダレ、ゴマダレではないユニークな冷やし中華も生まれている。王道の冷やし中華ファンには受け入れられないかもしれないが、ラーメンが目まぐるしいスピードで進化し続ける東京で、冷やし中華が変わっていくのは自然なことなのかもしれない。ここでは元祖から超変わり種まで冷やし中華の歴史を感じることができる店を紹介。「冷やし中華はじめました」の貼り紙を探して蒸し暑い東京の街をさまよう前にチェックしてほしい。

Advertising
This page was migrated to our new look automatically. Let us know if anything looks off at feedback@timeout.com