今日しかできないこと:1月1日(火)

アートな1年にする。ー1月1日は元日

Rubens and the Birth of the Baroque Photo: fb.com/rubensten2018
作成者: Shiori Kotaki |
Advertising

アートな1年にする。ー1月1日は元日

1月1日は、元日。国民の祝日のひとつで、「新しい希望と決意をもって新しい年のはじめを祝う日」とされている。今日は、『正月休みに行ける美術館 2019』で、三が日にアート鑑賞を楽しめる美術館や博物館をチェックしよう。森美術館森アーツセンターギャラリーは、元日からオープン。開催中の展覧会の詳細についても、それぞれのリンク先からチェックできるので、東京で年始を過ごす際の参考にしてほしい。

『正月休みに行ける美術館 2019』の詳しい情報はこちら

2018年に人気だった記事を紹介

撮影:平岩亨
ステージ

インタビュー:草彅 剛

俳優として、歌手として、タレントとして、マルチな活躍を見せてきた草彅剛。その彼の2018年は、「舞台」が大きなキーワードといえるだろう。これまでにも、つかこうへいの『蒲田行進曲』や、三谷幸喜との『Burst』、鄭義信(チョン・ウィシン)との『僕に炎の戦車を』などの舞台作品で才能を発揮してきた草彅だが、春には白井晃演出の演劇『バリーターク』において、名前も場所もわからない謎の部屋で懸命に生きる男を瑞々しく熱演。そして12月、今度は英国人演出家デヴィッド・ルヴォーの音楽劇『道』に出演する。旅芸人ザンパノと彼に付き従う女性ジェルソミーナの姿を描いたイタリアの名匠フェデリコ・フェリーニ監督の映画を原作に、日本で新たに作られる舞台だ。寡黙で不器用なザンパノを、草彅はどのように演じるのだろうか。

Things to do

金運アップ、東京の神社仏閣10選

「お金」を嫌いな人が一体、この世にいるだろうか。一攫千金、巨万の富……なんと素敵な言葉だろう。人は金を愛してやまない。当たると評判の宝くじ売り場に毎年できる、長蛇の列を見れば明らかだ。また「お金に困っていないけれど、もっとあったって悪くない」と余裕ある人も、「今年こそ、金運をつかみたい!」と意気込む人も、新しい年を迎える際、金運アップを神頼みしてみてはいかがだろうか。

Advertising
ニュース, レストラン

東京ミッドタウン日比谷で行くべき5のレストラン

2018年3月29日(木)、日比谷公園近くに新たな商業施設、東京ミッドタウン日比谷が誕生した。都心最大級となるTOHOシネマズのシネマコンプレックスが入居することでも話題だが、商業施設と言えば、やはり飲食店のチェックは欠かせない。ここでは、3月29日時点でオープンするレストランで、ぜひ訪ねてほしい店を厳選して紹介する。日本初上陸のレストランや、限定メニューを提供する店など、魅力的な店が揃った東京ミッドタウン日比谷。足を運ぶ前に、ぜひチェックしてほしい。

Advertising