注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間などが異なる場合もあるため、外出前に必ず確認してほしい。

1/3
Photo: Kisa Toyoshima
2/3
3/3

東京、ユニークなオーダーメード体験5選

デニムのジャケットや香水、ノートは自分好みにフルオーダーする

作成者: Kaila Imada および Time Out Tokyo Editors
Advertising

タイムアウト東京 > ショッピング&スタイル >東京、ユニークなオーダーメード体験5選

東京は買い物天国だ。ディスカウントストアやアウトレットモール、職人が手がけた工芸品、化粧品など、誰でも何かしら欲しくなるものであふれている。近年、東京ではオーダーメイドに特化した店が続々とオープンしている。靴やデニムのジャケット、香水、ノートまでも、隅々まで自分の好きなようにデザインして作り上げることができるのだ。どこへ行けばよいのか迷っているなら、まずこの5軒をチェックしよう。

リーバイス 原宿 フラッグシップストア

ショッピング 原宿

質の良いデニムは高くてもそれだけの価値がある。ジーンズをオーダーメイドしてさらに貴重な1着を手に入れよう。2019年7月にオープンした『Levi's』のアジア最大級旗艦店では、『ロットナンバーワン』を行っている。

この種のサービスはアジア初で、デニムファンはリーバイスのエキスパートテーラー、山本美緒のサポートを得てジーンズをカスタマイズすることが可能。完成までにはおよそ1カ月かかる。

あまり時間がないという人は、3階のテーラーショップで自分だけのデニムを作るのがおすすめ。刺しゅうやディストレス、パネリング、スタッド、ボタン、パッチなどを500円からジーンズに追加することができる。 さらに、店内で購入したTシャツにさまざまな模様やデザインをプリントするサービスもある。つまり、世界に一つだけの装いを完全に実現できるショップなのだ。

カキモリ 蔵前

ショッピング 浅草

蔵前にある文具専門店。2017年11月に移転リニューアルオープンし、店内が2倍ほどの広さになった。取り扱う商品は、ノートや万年筆、レターセットなど、使い心地にこだわってセレクトした文具。もちろん、看板商品のオーダーノートも移転前と同じく注文可能だ。

旧店舗では、オーダーノートは紙をリングでとじる『リングノート』のみの展開だったが、新店舗では、背を布貼りで仕上げる『PADノート』のサービスも開始。『PADノート』は、ページを1枚ずつペリペリと切り外すことができるので、ページをそのまま資料としてファイルに入れることもできる。ノートの開きも良く、コピーやスキャンもしやすいので、ビジネスシーンでも活躍するだろう。

Advertising
Photo: Kisa Toyoshima

ストックプラス

ショッピング 東銀座

海外から来た友人に記念になる土産を勧めるなら、ストックプラスがいいだろう。ここは、千社札シールやストラップなどを扱う店だ。

日本名でなくても、スタッフが名前を縁起の良い漢字に翻訳してくれるというサービスも面白い。さらに、木の種類や、札の表面と裏面に飾るデザインも選べる。幸運を願って梵字(ぼんじ)を加えたり、自分の干支(えと)をあしらったりするのもいい。 千社札は1枚1,100円からで、さまざまなサイズがある。特大版はスーツケースのタグにぴったりだ。

店にはフォトコーナーもあるので、鮮やかな浴衣や法被を着てポーズをとってみよう。このサービスは千社札の購入者は無料で楽しめる。

White Atelier by Converse ホワイトアトリエ バイ コンバース 吉祥寺店
White Atelier by Converse ホワイトアトリエ バイ コンバース 吉祥寺店
Photo: Kisa Toyoshima

ホワイトアトリエ バイ コンバース 吉祥寺店

ショッピング 吉祥寺

クラシックなコンバースはファッションの定番だが、自分だけのコンバースが作れることを知っているだろうか。このコンバースストアでは、靴を人気アーティストが作ったデザインや柄でオリジナルにカスタムできる。チャームやカラー靴ひもを使って自分好みにすることも。靴の代金込みで、どれも9,000円から。

作り方は簡単。まずはサンプルの靴を試着して、サイズと、真っ白のオールスターのハイトップかロートップを選ぶ。次にデザインブックをめくり、好きな柄をセレクト。コンバースでは、さまざまなアーティストのオプションを常時入れ替えているだけでなく、シンプルなタイポグラフィもそろえている(アルファベットや、カタカナ、数字など)。 およそ1時間半の作業でその日のうちにユニークな靴ができ、とても手軽だ。

Advertising

ザ フレーバー デザイン ストア トウキョウ

ショッピング 香水・フレグランス 中目黒

2019年にオープンした、ユニークな香水店ザ フレーバー デザイン(THE FLAVOR DESIGN)。消臭スプレーからロウソクまでがそろう。自分だけの布製品用ミスト(4,500円)を作りたい人向けのワークショップを行っており、参加するには公式ウェブサイトでの予約が必須。

セッションでは、25種の季節のフレグランスに鼻を近づける。それぞれの香りは、気分や状況をびっくりするほど細かくイメージして作られている。例えば、「ロサンゼルスで過ごすカジュアルな夜」や「ハワイの田舎道」などだ。好きなフレグランスを決めたら、容器とふたを選び、調合してボトルに詰め、特製のカードとラベルを付けて完成。自分への贈り物にぴったりだ。

オリジナルを見つけるなら

東京、プロから学ぶ工芸ワークショップ7選

Things to do

東京は買い物客の楽園だ。しかし、ただ単に買い物をするのではなく「自分で何かを作る経験を買う」という新たな体験をしてみるのはどうだろう。ここでは、革製品やジュエリーなど、職人から直接教わりながら工芸品を作ることができるワークショップやクラスを紹介したい。よりインタラクティブな買い物体験や、新しい趣味探しに活用してみてほしい。

medicha
メディーチャ Photo : Keisuke Tanigawa

東京、メディテーションスポット 5選

Things to do

近年、瞑想をテーマにしたスペースが都内で増えてきている。「マインドフルネス」という言葉が広まり、実践のための書籍やワークショップも巷でよく見かけるようになった。本記事では、流行りの「目標達成」のためのマインドフルネスだけでなく、座禅体験や音と光を使ったユニークなプログラムなど、初心者でも参加しやすい瞑想体験の場を紹介する。

おすすめ

    関連情報

      Advertising