D&Department Tokyo1/3
Photo: Kisa Toyoshima
Casica カシカ 2/3
Photo: Kisa Toyoshima
Farmer's Table3/3
Photo: Keisuke Tanigawa

東京、ベストホーム&ライフスタイルショップ

観葉植物や家具など、家を彩るアイテムをそろえよう

作成者: Kaila Imada
Advertising

タイムアウト東京 > ショッピング&スタイル >東京、ベストホーム&ライフスタイルショップ

ステイホーム期間中に断捨離をしたという人もいるかもしれない。外出が可能になった今、新しい家具を揃えて生活空間をリフレッシュしてみるのはどうだろう。東京にあるライフスタイルショップでは、ファッション、美容、家具、デザイン、料理など、幅広いジャンルの商品を取りそろえる店が多い。

特に何かを探しているわけでなくとも、これらのショップを見て回ると、お気に入りのアイテムが見つかる可能性も高い。ここでは、タイムアウト東京英語チームが勧めるショップを紹介したい。

Farmer's Table
Farmer's Table
Photo: Keisuke Tanigawa

ファーマーズテーブル

ショッピング ライフスタイル 恵比寿

スタイリストの妻と、グラフィックデザイナーの夫の2人が運営している、恵比寿にあるインテリア雑貨ショップ。訪れた人を温かく迎えてくれる雰囲気の店内には、新品、ヴィンテージ問わず「ゆったり楽しい生活のために」セレクトされた雑貨や、厳選された良質なコットンで作られた衣服がそろう。メゾン・マルタン・マルジェラが入店しているビルの4階にある。

D&Department Tokyo
D&Department Tokyo
Photo: Kisa Toyoshima

ディアンドデパートメント

ショッピング 世田谷区

ナガオカケンメイが手がける『D&DEPARTMENT PROJECT』の1号店。各都道府県に1店という目標のもと、2000年11月にオープンした。1階はカフェスペース、2階は展示、販売スペースとなっている。

「ロングライフデザイン」をテーマに、家具や生活雑貨、書籍やCDなどを取りそろえる。ユーズドのアイテムもあり、各地の博物館や学校などからまとめて買い取った家具も販売している。

ほかではなかなか出会えないデザインが多いのも特徴だ。デザインプロジェクトやリサイクルのワークショップ、イベントもコンスタントに行う。 

Advertising
Casica カシカ
Casica カシカ
Photo: Kisa Toyoshima

カシカ

ショッピング ライフスタイル 新木場

新木場にある、銘木倉庫を利用したコンプレックススペース。世界各国から集めた日用品を販売するショップや、天井高13メートルの開放的なギャラリー、薬膳を取り入れた料理を提供するカフェなどが入居する。

展示会やワークショップ、料理教室などの会場として活用されるスタジオにはレコーディングルームも完備。本格的な録音をすることもできる。

四歩

レストラン 吉祥寺

小古道具店を併設したカフェ。三鷹から吉祥寺に移転し、カフェスペースも、ショップスペースも以前より広々とした空間になった。

ショップスペースでは、キッチン用品やアクセサリー、グルメ食品、アンティーク家具などを販売。リーズナブルな商品は、入り口のすぐ外にもあり、中古の食器や陶磁器が100円ほどで売られていることもある。陳列用の棚やテーブルも購入可能なので、こちらもチェックしてほしい。

Advertising

谷中 松野屋

ショッピング 日暮里

日本橋馬喰町で1945年からバッグや袋物、雑貨の卸売りを行ってきた会社、松野屋の直営小売店。2010年1月、谷中夕焼けだんだん上に開店した。和ぼうき、かご、トタンちりとり、器など職人が手間を惜しまず作った「暮らしの道具」が売られている。どれも、大量生産品にはない魅力があり、使いやすそうなものばかり。雑貨好きにはマストな店だ。

アコメヤ トウキョウ インラカグ

ショッピング 神楽坂

神楽坂にある洒落たショッピング店のラカグには、アコメヤの旗艦店がある。 アコメヤは米の専門店で、量り売りで購入できる穀物の品揃えが圧倒的。そのほかにも、菓子や味噌、調味料、保存食、だし汁などがそろう。

レストランのアコメヤキッチンでヘルシーな食事をしたり、茶屋のカウンターで淹(い)れたての茶を飲んだりするのもいいだろう。

Advertising

トゥデイズ スペシャル自由が丘

ショッピング 自由が丘

青山にある人気のインテリアショップ、シボネが手がけるコンセプトストア。テーマは「暮らしの商店」。厳選された国内外の食品のほか、生活雑貨や洋服、美容製品など、生活に関わるものを幅広く取り扱っている。特に観葉植物は取り扱いが豊富で、ハーブなどの植物が多用されたインテリアは、真似したくなるポイントがいっぱいだ。

渋谷駅前の渋谷ヒカリエにも支店もあるが、植物や商品がゆとりを持って配置された自由が丘店が、タイムアウト東京の一押しだ。3階にあるカフェ、トゥデイズテーブル(Today's Table)では、季節の旬の野菜を使った料理が味わえる。 

ビームスジャパン

ショッピング ライフスタイル 新宿

日本の魅力をさまざまな角度から発信する『ビームス』のショップ。5階建ての建物に伝統的な工芸品から現代のカルチャー、アパレル、レストラン、カフェまでが入居している。店の顔となる1階には、各都道府県の工芸品や物産をそろえており、日本土産を探すのにぴったり。

2階から3階はアパレルをメインに、岡山のスウェットメーカー『ループウィラー』など、メイドインジャパンを背負うブランドが陳列されている。そのほかギャラリーや、現代の日本文化を発信するトーキョー カルチャート by ビームスTOKYO CULTUART BEAMS)も入居。

もっとショッピングしたいなら……

東京、ベトナム雑貨店5選

ショッピング

雑貨好きにとってベトナムは天国と言えるだろう。ベトナム文化としても定着している刺しゅうが施された小物に、バッチャン焼きの器や茶器、アオザイを着た女性の人形、少数民族によるハンドメイドアイテムなど、心躍る色鮮やかな雑貨を街の至る所で手に入れることができる。ここでは、看板猫のいるベトナム雑貨店から、輸入食材専門店まで、都内に店を構えながらも現地の空気を感じられる雑貨店を5つ厳選して紹介する。  

東京、器ショップ5選

ショッピング

決して派手ではないが、すっと生活に溶け込み、その器を使うだけで、なんだか元気になれる。ここでは、そんな「使い心地の良い器」や「生活に馴染む器」を購入できる店を5軒厳選して紹介する。とっておきの器を手に入れて、何気ない日々の食卓を特別なものにしよう。

Advertising

日暮里繊維街、ショッピングガイド

Things to do

日暮里駅東口のロータリーを抜け、2~3分歩くと尾久橋通りの大きな交差点にたどりつく。ここが、日暮里繊維街だ。日暮里中央通り沿いの両側、約1キロにわたって生地やボタン、洋裁材料の店、織物やニット、革製品など、約90店舗が軒を連ねている。 

おすすめ

    関連情報

      Advertising