ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO
ミナミコアリクイ

図鑑の中に入って探索できる、ずかんミュージアム銀座が7月オープン

天候変化や時間経過のあるリアルな空間で、デジタルヘラジカなどを観察

作成者: Genya Aoki
広告

2021年7月16日(金)に図鑑の世界に入り込める新感覚のデジタルミュージアム、ずかんミュージアム銀座(ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO) が東急プラザ銀座6階にオープンする。

手がけるのは佐々木ホールディングス、小学館、エイド・ディーシーシー、ドリル社、電通、サニーサイドアップ、朝日新聞社の7社から成る合同組合のずかんミュージアム有限責任事業組合。「地球の自然が凝縮された生きるミュージアム」をコンセプトにした同施設は、デジタルとリアルが融合した空間で、図鑑の中でしか見ることのできなかった生き物たちに出合い、その息吹を感じることができる。

ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO
ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO

来場者は、『小学館の図鑑NEOシリーズ』(小学館)からピックアップしたヘラジカやミナミコアリクイなどの生き物がデジタルで可視化される世界に入り込み、図鑑書籍だけでは伝えきれない生態系を学べる。

デジタルアニメーションは、生き物の普段の行動や警戒した時の動きなどといったさまざまな映像資料を観察し、それぞれの生き物ごとに小学館の図鑑NEOチームが監修のもと、入念に再現。見た目はフォトリアルではなくイラストのようなペイントタッチで仕上げられており、虫などの見た目が苦手な人でも楽しめるよう配慮している。

ずかんミュージアム銀座
ヘラジカ

また、時間経過や天候などの環境変化を表現するように設計され、リアルな「地球の自然」を五感で感じられるのも魅力の一つ。生き物によっては近づき過ぎると警戒して逃げてしまうことも。これらの体験を通して「読んで知る」のと同等に大切な実体験の中で「自分自身の存在を感じる」ことができるだろう。

おうち時間では体験できない没入感と、知的好奇心をかき立てる新しい発見のある「アカデミック エンターテインメント」。行けば、過去の価値観を変えてしまうこと間違いなしだ。

ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEOの詳細情報はこちら

関連記事

シブヤピクセルアートコンテストが今年も開催、現在応募受け付け中

無料観賞できる日本各地の博物館、美術館オンラインビューイング

東京、緊急事態宣言下の美術館、ギャラリー、テーマパーク

自宅で観劇:第6回 伝統芸能オンラインビューイング一覧

高さ150メートルの東京大壁画、横尾忠則と美美の親子競作を発表

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告