Photo: Photock
Photo: Photock

豊島区、池袋駅線路上で東西連結する構想

2032年までに、駅前広場も整備

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

東京都豊島区は2022年1月17日、池袋駅の線路上空を東西で連結する歩道橋と、それに併せて整備する駅前広場の構想を発表した。東京新聞の報道によると、区政100周年となる2032年までに一部供用することを目指すという。

この構想の始まりは1998年にまでさかのぼり、2015年に今回の骨子となる案がまとめられている。歩道橋は、パルコのある東口と東武百貨店側の西口をつなぐ『北デッキ』と、西武池袋本店側の東口から東京芸術劇場に至る西口方面を結ぶ『南デッキ』の2つ。導線を整備することで歩行者の回遊性の向上を図り、街のイメージを刷新する狙いだ。

駅前広場については、東口では豊島区役所側グリーン大通りの駅前部分、西口では現在、池袋西口公園周辺のバスターミナルがある場所に整備する予定。バスターミナルは、タクシー乗り場とともに「交通広場」として集約する。

20年以上にわたる構想が結実するのは感慨深いものがある。新たな池袋の姿に期待したい。

関連記事

祝30周年、伝説ディスコのジュリアナ東京が渋谷で復活

赤坂、日比谷に続く3施設目のミッドタウンが八重洲に誕生

再開発に沸く日本橋兜町に注目のパティスリー イーズがオープン

2023年、歌舞伎町に高さ225メートルの高層複合施設が誕生』 

下北沢に2022年1月ミニシアターなど含む複合施設がオープン

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告