東急歌舞伎町タワー

2023年、歌舞伎町に高さ225メートルの高層複合施設が誕生

デザインはドバイ万博日本館など手がけた永山祐子が担当

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

2023年春、新宿ミラノ座の跡地に高さ約225メートルの高層複合移設が誕生する。名称は東急歌舞伎町タワーで、施設内には映画館や劇場、ライブホールなどのエンターテインメント施設が入居予定だ。

建設を担当するのは、豊島横尾館や『2020年 ドバイ国際博覧会』の日本館を手がけた永山祐子建築設計。噴水をモチーフにしたデザインの建物は地上48階建てで、地下5階、塔屋1階で構成される。高層フロアには、東京の景色を一望するライフスタイルホテルとラグジュアリーホテルを併設。そのほか、客席数900席の劇場や、ミラノ座の歴史を継承するシネマコンプレックス、地下フロアには1500人を収容するライブ会場が造られる。

もともと歌舞伎町は、映画や演劇などのエンターテインメントで発展してきたエリア。東急歌舞伎町タワーには街のにぎわいを一緒に創出していきたい、という願いが込められており、オープン後は「好きを極める場の創出」をコンセプトに、歌舞伎町の新たな観光拠点を目指す。 

関連記事 

2024年、代々木公園の施設整備に伴いスケートボードパーク開設

下北沢駅高架下に新しい商業施設「ミカン下北」が開業

ブルックリンにスーパートール級の超高層ビルが登場

新宿、ロックバー4選

新宿、ベスト居酒屋20選』 

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら  

最新ニュース

    広告