Convenience stores in Tokyo, 7-Eleven, Lawson
Photo: Lim Chee WahTwo of Japan's biggest konbini – 7-Eleven and Lawson – on the same street

オリンピックの訪日ジャーナリストらがコンビニ商品を称賛

ホットスナックやおにぎり、予想外の金メダル候補続出

https://d32dbz94xv1iru.cloudfront.net/customer_photos/3d733c4f-4115-45d8-90f2-b7f23c2d5403.jpg
テキスト:
Emma Steen
翻訳:
Hayashi Hisato
広告

コンビニエンスストアは間違いなく日本での生活の最高の場所の一つだ。ただし、日常で見慣れている東京の人々にとって24時間年中無休の存在は当たり前のもの。ここでは、2020年東京オリンピック競技大会ために来日したジャーナリストたちの反応を紹介する。

絶品料理を提供する選手村の食堂にアクセスできるアスリートとは異なり、各国のメディア関係者たちは食事のために何度もコンビニに通っていた。新型コロナウイルス対策による飲食店の時短営業で食事の選択肢は大幅に制限されているが、東京のセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートなどではまだ少し冒険の余地があるようだ。 

カナダのジャーナリスト、デヴィン・ヘロウ(Devin Heroux)は、セブン-イレブンの食事だけで生活している。ヘロウは、ホテルにあるコンビニの最新情報をTwitterで毎日公開しており、それは次の金メダリストについてのツイートよりも多くの注目を集めているようだ。東京都民は、彼が次に何を試みるべきかについての提案に答えていた。

同じことがカナダのスポーツ記者、アナスタシア・バクシス(Anastasia Bucsis)のTwitterでも起きていた。バクシスのフォロワーは、スポーツの生中継よりも、おにぎりのパッケージの開封方法についてコメントしていた。

ニューヨーク・タイムズのアンドリュー・ケー(Andrew Keh)は、セブン-イレブンの砂肝が彼の命を救ったとして、最も近いコンビニのホットスナックが「金メダルに値」すると次のようにコメントした。「ファミリーマートで定番のフライドチキン『ファミチキ』は、不自然な形で疑わしいほどジューシー」。(『ファミチキ』についてのメモ:おいしくするために何が行われたかについてあまり考え過ぎないことが最善。ただ楽しもう)

FamilyMart Famichiki
Photo: FamilyMart

長期にわたる旅行制限と終わりのない非常事態の中で、バー、美術館、そのほかのエキサイティングなアトラクションにアクセスできないとき、東京に幻滅を感じることが多々ある。しかし、トイレットペーパーの不足、アルコールの禁止、飲食店の時短営業があっても、信頼できるコンビニは常にそこにあり、困難な時代に生きる私たちを元気付けるためのおいしいおやつやフードと快適さを提供してきた。 

従って、コンビニが金メダルアスリートと同等の評価を得ているのは当然のこと。アスリートたちはオリンピック終了後にメダルを持って母国に帰国するが、私たちのメダリストである無敗のコンビニはここにとどまるのだ。 

Konbini
Photo: Matt Liu/Unsplash

参考記事10 reasons why Japan's convenience stores are the best in the world

関連記事

入江聖奈が女子ボクシングで日本初の金メダルを獲得

世界のアスリートたちが選手村の食事を絶賛、24時間営業の食堂とは

国立新美術館で個人の文化芸術関係者向け職域接種がスタート

東京、五輪モニュメントがある5の場所

東京2020オリンピック、獲得メダル数速報

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告