東京ドーム
Photo: Tokyo Dome

板橋区など4区、東京ドームを追加接種会場として使用

3月3日〜5月31日、ワクチンはモデルナ社製

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

文京区、新宿区、港区、板橋区は東京ドームで4区合同での集団接種会場をオープンすることを明らかにした。期間は3月3日(木)〜5月31日(火)の9〜13時で、対象は、上記4区在住者のうち、接種券を持っており、2回目接種完了から原則6カ月以上経過した18歳以上の希望者。使用するワクチンはモデルナ社製だ。

東京ドームでは、2021年8月から11月にかけても複数の自治体による1、2回目の合同接種事業を実施している。今回も2021年同様、読売巨人軍と読売新聞、東京ドーム、三井不動産の4社が会場を無償提供、事業の運営に協力しているという。

現在は、3月枠を現在ワクチン接種予約サイトかコールセンターで受け付け中。接種日などの詳細については、各区の公式ウェブサイト(文京区新宿区港区板橋区)を参照してほしい。

関連記事

東京都、1泊2,000円でテレワーク対応ホテル宿泊を支援

ディズニーがコロナ禍で変わった6のこと

東京都が無症状の人にも無料PCR検査を提供

渋谷区が感染症対策グッズを5000店舗に配布へ

オミクロン株の影響で動物園や美術館など都の施設が休館へ

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告