渋谷
Photo: Photock

東京都、1泊2,000円でテレワーク対応ホテル宿泊を支援

2月1日〜3月8日、都内40施設で

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

東京都は2022年2月1日(火)~3月18日(金)、1泊2,000円の自己負担でホテルに宿泊できる『社会と家族を守る宿泊型テレワークによるBCP支援事業』を実施する。これは、都内における新型コロナウイルス感染症の拡大状況を受け、テレワークを通じて都内で働く人々の間での感染拡大防止と経済活動の両立を図ることを目的としたものだ。

対象となるのは、都内在住か在勤で、都内に同居人がいるか公共交通機関を使用している人。都内合計40の施設で1日当たり各施設5部屋を用意しており、6日間連続して宿泊できるという。

対象となる施設は、以下の通り。

23区

第一ホテル両国、ホテルパークアベニュー、モクシー東京錦糸町、両国ビューホテル、ホテルタバード東京(HOTEL TABARD TOKYO)、コンフォートホテル東京清澄白河、ヴィラフォンテーヌグランド東京有明、東急ステイ門前仲町、ホテルイースト21東京、ホテルJALシティ東京 豊洲、ホテルサーブ渋谷、羽田エクセルホテル東急、変なホテル東京 羽田、ホテルトムス、二子玉川エクセルホテル東急、中野サンプラザ、スマイルホテル東京阿佐ヶ谷、東横INN京浜東北線王子駅北口、ホテルマイステイズ 日暮里、フレックスステイイン江古田、ホテルリブマックス東京綾瀬駅前、スーパーホテル東京・JR新小岩、スカイハートホテル小岩、ラフィット平井コンドミニアムホテル(Laffitte Hirai Condominium Hotel)

多摩地域

スーパーホテル東京・JR立川北口、パレスホテル立川、ビジナスホテル小沢屋、ホテルエミシア東京立川、京王プラザホテル八王子、千代田ホテル、ホテル the b 八王子、ホテルリソル町田、レンブラントホテル東京町田、マロウドイン東京、京王プラザホテル多摩、スマイルホテル東京多摩永山、吉祥寺東急REIホテル、東横INN西武池袋線東久留米駅西口、東横INN福生駅前東口、フォレスト・イン昭和館

利用に際しては各施設の公式ウェブサイトから予約を自身で行うほか、BCP(事業継続計画)の有無などを確認する利用確認書の提出などが必要。詳細は東京都産業労働局のウェブサイトを参照してほしい。

『社会と家族を守る宿泊型テレワークによるBCP支援事業』の詳細はこちら

関連記事

浅草東武ホテルのハローキティ ルームにスペシャルな宿泊プラン登場

京都の任天堂旧本社がホテルに、新棟は安藤忠雄の監修設計

下北沢に複合施設テフラウンジが開業、ミニシアターなど併設

2022年に閉館するアトラクションと文化商業施設

ファーストキャビン市ヶ谷が「美と健康のホテル」にリニューアル

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告