Marcel Breuer building
Photograph: Bruce Redman Becker, FAIA

アメリカでマルセル・ブロイヤーの建物をエコホテルに再生

2021年秋、Hotel Marcelとしてオープン

作成者: Time Out editors
広告

ニューヨーク州の隣であるコネチカット州に、アメリカで最も環境に優しいホテルがオープンする。このホテルが位置するのは、コネチカット州ニューヘイブンのウォーターフロント地区であるロングワーフ。外観が印象的な建物は、マルセル・ブロイヤーがデザインしたものだ。

1968年、ハンガリー出身のブロイヤーによって地元ゴム会社の本社として建設された建物は、1980年代後半に売却された後、2003年にイケアの駐車場設置のため一部を解体。その後、ランドマークとなった建物の残りの部分は、長い間使用されず放置されてきた。しかし、地元デベロッパーであるブルース・ベッカーがこの土地を購入。ネットゼロエネルギーのホテルへとリノベーションすることを発表したのだ。

Marcel Hotel
Photograph: Bruce Redman Becker, FAIA

一部の報道によると、ファサードは完全に修復され、内部には165の客室が設置される予定。新たに、Hotel Marcelとして生まれ変わるこのホテルは、アメリカ初のネットゼロエミッションであり、オール電化ホテルとなる。電気、温水、熱は、建物の屋根にソーラーパネルを設置して100%の自家発電で賄う。ランドリーやキッチンももちろん電気で動き、電気自動車の利用者には、ホテルでの充電にも対応するようだ。

また、120万ドル(約1億3,170万円)での建物売却の一環として、ベッカーはホテル内で使用する家具の10%をイケアから直接購入することに合意している。

Marcel Breuer building
Bruce Redman Becker, FAIA

マルセル・ブロイヤーが手がけたこの建物は、すでにコネチカットでは有名だが、「エコフレンドリーな歴史」を再び刻み始めようとしている。2021年秋のオープンが楽しみだ。

原文はこちら


関連記事

東京、2020年オープンのベストホテル15選

東京、著名人ゆかりのホテル5選

ご当地エコバッグ10選

ノルウェー北部に電力を生み出すホテルが誕生

アメリカの気候科学者に聞く、ポストコロナと環境問題

最新ニュース

    広告