Bottles of fine Japanese whisky from Yamazaki
Photo: Bonhams

落札予想額5,700万円以上、山崎50年のファーストリリースがオークションに

5月20日のBonhams香港セールで、山崎55年も出品

Lim Chee Wah
テキスト:
Lim Chee Wah
広告

日本有数の醸造所の一つであるサントリー山崎蒸留所は、当時としては最も古い『サントリー 山崎50年 First Release』を2005年に発売した。このリリースは大きな話題になり、以来「ジャパニーズウイスキーの頂点」とされてきた。

50本限定のこのエディションの多くは国内のバーが購入、消費したと思われ、市場に流通しているのは1ダースにも満たないと考えられている。その後も、2007年、2011年と山崎50年はリリースされてきたが、最も希少価値が高いのは2005年のエディションだ。

Photo: Bonhams
Photo: Bonhams

その最もレアなボトルが、2022年5月20日(金)にオークションハウス、Bonhamsの香港のセール、『Fine & Rare Wines and Whisky』に出品される。落札予想価格はおよそ350万〜450万香港ドル(約5,707万2,000〜7,337万9,000円)だ。

Photo: Bonhams
Photo: Bonhams

このセールでは、ほかにも同蒸留所の最古となる『山崎55年』50ミリリットルなどのジャパニーズウイスキーも出品が予定されている。このミニチュアボトルの落札予想価格は、400万〜500万香港ドル(約6,522万6,000〜8,153万2,000円)。こちらも注目しておきたい。

換算レートは4月22日現在

原文はこちら

関連記事

サントリーウイスキー、2022年4月入荷分から28%値上げ

バンクシーの3作品がサザビーズのオークションに出品

ラスベガスのリゾートがピカソの11作品をオークション

六本木ヒルズでアイラ島の魅力を満喫、ウイスキーの祭典が開幕

「ジャパニーズウイスキー」の誕生、定義が初制定

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告