代々木公園
Photo: Keisuke Tanigawa

代々木公園が7月の東京五輪期間中ワクチン接種センターに

ライブサイト会場としての使用は不透明

作成者: Dina Kartit
広告

2021年6月1日、東京都知事の小池百合子は、東京2020オリンピック・パラリンピックの会場である都立代々木公園を、警察や消防の職員への新型コロナウイルス感染症のワクチン接種会場として使用することを発表した。代々木公園は当初、東京五輪のライブサイト会場として予定されていた。

共同通信によれば、オリンピックとパラリンピックの期間中にライブサイトとなるかは不透明で、接種センターとしてどのように運営されていくかなども含め、現在のところ詳細は公表されていない。

東京都はライブサイト会場に当初5つの会場を予定していたが、その後都立代々木公園と都立井の頭恩賜公園の2つにまで削られた。都立代々木公園での観戦には樹木の剪定(せんてい)など公園の環境を変える可能性があり、一時的なイベントのために景観を損ねる必要性に疑問を呈し、反対する意見もあった。

警察、消防職員への接種会場としては旧築地市場跡が6月8日(火)から予定されていたものの、同市場跡は東京五輪の車両基地に使用される予定で、接種会場としては6月末までしか使用できない。この状況を受けて、別の会場選定が検討されており、代々木公園が候補に浮上した形だ。

原文はこちら

関連記事

コロナワクチン用の大規模接種センターが5月24日に東京都で開設

もう一つの東京五輪、国立代々木競技場が重要文化財に指定

 『ワクチン接種会場を検索、「新型コロナワクチンマップ」機能が提供開始

東京五輪、観客受け入れ条件に陰性証明提出案が浮上

東京五輪、海外からの観客見送りへ 

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告