San Francisco City Hall illuminated in rainbow colors in honor of Pride Week.
Photograph: Shutterstock

世界で最もLGBTQ+の人々に友好的な都市はレイキャビック

Money.co.ukがランキング発表、アメリカではサンフランシスコがトップ

テキスト:
Clara Hogan
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

イギリスの金融商品比較サイト、Money.co.ukは新しい分析調査を実施し、LGBTQ+コミュニティーに最も友好的な世界の都市ランキング『The most LGBTQ+ accepting cities』を発表した。

分析に使われたのは、さまざまなデータ。例えばSocial Progressから入手した各国の受容度に関する世界的な指標、人口10万人当たりのLGBTQ+施設の数を示すTripadvisorのデータといったもの。出生証明書や運転免許証の性別表示変更が州相当レベルでどれだけ容易か、成人におけるLGBTQ+自認の割合、子育てをしている25歳以上のLGBTQ+成人数なども含まれている。

その結果、世界で最もLGBTQ+の人々を受け入れていのは、アイスランドのレイキャビクとなった。同地のLGBTQ+受容度スコアは満点の10ポイント。LGBTQ+専用のバーやクラブが最も多くあり、それらの質も高いことが結果に反映されたようだ。

2位、3位はオランダのアムステルダム、ロッテルダムが続いた。アムステルダムは、惜しくもレイキャビックにトップの座を譲ったが、スコアの差はほとんどない。受容度も9.8ポイントと非常に高く、ナイトライフについても数、質ともに大差がなかった。ロッテルダムは、LGBTQ+向けの施設の数が上位2都市に比べると少ないため、この順位になったようだ。

4位に入ったのが、アメリカのサンフランシスコ(アメリカの都市として1位)。同地は、人口10万人当たりのLGBTQ+施設の数が全都市中2番目に多く、それらのTripadvisorの平均評価も星4.2つと高い。サンフランシスコが高順位になったことは、この都市がLGBTQ+コミュニティーにとってリベラルで進歩的な避難所であるという長年の評判や、LGBTQ+運動の歴史を考えると大きな驚きではないだろう。

このランキングのトップ20を見てみると、、アメリカからはボストン(11位)、シアトル(12位)、ロサンゼルス(16位)、シカゴ(17位)の5都市がランクインしている。

ただ、同時発表されたアメリカの州別ランキングで1位になったのは、カリフォルニア州ではなく、ハワイ州だった。同州では人口の4.6%がLGBTQ+を自認。労働安全や出生証明書の性別表記を変更する手続きなどでも高い評価を受け、LGBTQ+コミュニティーで子育てをしている割合が30%と、上位5州の中で最も多い。ハワイに続く2位にはメイン州、3位にはバーモント州がランクイン。カリフォルニア州は4位となった。

ランキングと分析内容は、Money.co.ukの公式サイトで確認できる。

原文はこちら

関連記事

ブライダル大手が同性婚のためのウエディングプランを紹介

東京、学びのクィアスポット6選

日本のジェンダー観や婚姻制度のあれこれ、もう一度社会の前提を疑おう

ニューヨーク歴史協会がLGBTQ+博物館の設立を発表

6年で日本は「ジェンダー平等」に近づいたのか、公平な制度の実現へ

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告