Tirana in Albania
Photograph: Shutterstock

晴れの日が多く、安く泊まれる世界の観光地は?

ParkSleepFlyが発表

Huw Oliver
テキスト:
Huw Oliver
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

夏の休暇時の旅行先をうまく予約するのは、主に2つの理由から難しいことだといえる。まず、誰もが同じ時期に旅行に出かけたがる。 そして、おおかたの予想通りに値上げがされるということだ。ではそうした時期をずらしても楽しめる、年中基本的に安く、そして天気のいい場所をどうやって探せばいいのだろうか?

空港の宿泊情報を提供するParkSleepFlyが、どの都市が晴天であることが(ほぼ)保証されていて、かつ金額の面で無理がないかを調査している。同社では、世界各地の休暇で人気の観光地の日照時間を調べ、それを1泊のダブルルームの平均宿泊費と組み合わせた。

1位になったのは、アルバニアの首都であるティラナ。同地の1日の平均日照時間は9.5時間で、ホテルのダブルルームの平均価格は41ポンド(約6,700円)。つまり、この都市で1時間日光を浴びるのに、(数少ない曇りに当たらなければ)わずか4.34ポンド(約709円)しかかからないのだ。

2位はバリの首都デンパサールで、一日の日照時間は8.6時間、ホテル料金は43ポンド(約7,022円)。3位は南アフリカのヨハネスブルグで、一日の日照時間は平均9.1時間、ホテル料金は54ポンド(約8,819円)だった。

10位までのランキングは次のようになっている。

晴れた日が多い格安バケーション先ParkSleepFly)
金額はその都市で1時間日光を浴びるのにかかるコスト
1ポンド=約163円)

1. ティラナ(アルバニア):4.34ポンド
2. デンパサール(インドネシア、バリ島)5.00ポンド
3. ヨハネスブルク(南アフリカ)5.91ポンド
4. ブカレスト(ルーマニア)6.06ポンド
5. ニコシア(キプロス)7.20ポンド
6. フレズノ(アメリカ、カリフォルニア州)7.23ポンド
7. カイロ(エジプト)7.53ポンド
8. ロードス島(ギリシャ)7.98ポンド
9. パナジ(インド、ゴア州)8.11ポンド
10. プーケット(タイ)8.15ポンド

原文はこちら

関連記事

世界で最も絵になる公園ランキングが発表

野外美術館ランキングが発表、オープンエアで楽しむアートの世界

2022年「世界で最も幸せな国」は5年連続でフィンランド

世界で最も生活費が高い都市ランキングが発表、大阪がランク入り

週の労働時間が最も短い国はオランダ

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら  

最新ニュース

    広告