『すみのえアート・ビート2021』
Photo: Suminoe Art Beat

高さ9.5メートルのアヒルも登場、1日限りのアートイベントが大阪で開催

11月14日に『すみのえアート・ビート2021』、グッズの先行販売も

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

アートなお祭り『すみのえアート・ビート2021』が、2021年11月14日(日)に開催される。2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となったため、今年は2年ぶりに開催。舞台となるのは大阪市住之江区北加賀屋にあるクリエイティブセンター大阪、近代化産業遺産に認定された名村造船所大阪工場跡地でもある。

メインとなるのはオランダ人のアーティスト、フロレンタイン・ホフマン(Florentijn Hofman)による『ラバー・ダック』。世界各地でパブリックアートとして知られている作品だ。

今回展示されるのは、9.5メートルもの高さになる巨大なもの。そのコンセプトは、政治的意味合いで分けられる国境など存在せず、このアヒルが世界の緊張を和らげ、あらゆる世代に親しまれることだという。2018年に同イベントで披露されたアヒルドローンの飛行も予定されている。

『すみのえアート・ビート2021』
フロレンタイン・ホフマン『ラバー・ダック』

もちろん、ホフマンの作品以外にもギャラリーや壁画などアート作品を多く有する北加賀屋ならではの、縁のあるアーティストの展示も予定されている。

この街を舞台にしたInstagramを使ったフォトラリーや、名村造船所大阪工場跡地を巡るツアーにも参加しておきたい。ツアーでは、住之江のまち案内ボランティアの会によるガイドで、普段は立ち入ることができないエリアを観覧できる上、関連するオリジナル短編映画も上映する。

会場では、安心できる食材と丁寧な手作りにこだわった食と農のマルシェ『北加賀屋みんなのうえん祭』も予定。北加賀屋にある農園、みんなのうえんで活躍する人々も出店して、アジア各国の料理や大阪の個性的なスイーツ、リフレクソロジーなどが用意されるという。

ラバー・ダックチャーム付きエコバッグ
ラバー・ダックチャーム付きエコバッグ

今回は感染症予防の観点から当日の待機列や時間の短縮を目的として、オリジナルグッズを先行販売中だ。『ラバー・ダックチャーム付きエコバッグ』(3,000円)や『アヒルTシャツ』(大人2,700円、キッズ2,200円)などが販売サイトのnarabee11月11日(木)23時59分まで購入できる。

『すみのえアート・ビート2021』の詳細はこちら

関連記事

すみだ向島を舞台にした体験型芸術祭が開幕

約2800点の資料を展示、和田誠の全貌に迫る大規模回顧展

10月から11月に行くべきアニメ展示11選

グッチ創設100周年、没入型の展覧会を開催

紅葉情報が解禁、東京は11月中旬がピーク

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告