Casetify
Photograph: Courtesy Casetify

香港にイカゲームのヨンヒ人形が出現

Casetifyとのコラボレーションの一環

Jenny Leung
テキスト:
Jenny Leung
広告

トレンドに合わせた展開を得意とするテックアクセサリーブランド、Casetifyがまたやってくれた。一世を風靡(ふうび)したNetflixの大ヒットシリーズ『イカゲーム』とのコラボレーションコレクションを発表したのだ。

もちろんこのコレクションのインスピレーションは、キャラクターや制服、招待状、プレーヤーたちが命がけで戦う幼少期の遊びといった、ドラマ内の象徴的な要素。

Casetify
Photograph: Courtesy Casetify

悪名高い『だるまさんがころんだ』やレッドライト・グリーンライトのヨンヒ人形、中毒性のあるカルメ焼き(ダルゴナ)など、このコレクションでしか買えないユニークなデザインを施したアイテムがそろう。さらにコアなファン向けには、001から456までの好きなプレイヤーの番号を選べる「緑ジャージ」をモチーフにしたスマートフォンケースも用意されている。 

Casetify
Photograph: Courtesy Casetify
Casetify
Photograph: Courtesy Casetify

Casetifyはこの企画の一環として、香港のAPM Casetify Studioで『イカゲーム』の世界観に浸れるイベントを展開。高さ2.7メートルの巨大ヨンヒ人形を設置し、その後ろにだるまさんがころんだ』の背景を装飾したほか、暗い鏡部屋の中に入って究極のイカゲーム体験をできるCasetify Cubeも用意した。写真撮影も可能で、香港のイカゲームファンにとっては、最高のフォトスポットが登場したといえる。

今回発表されたコレクションのアイテムは、香港のCasetifyスタジオのほか、オンラインでも購入することができる(訳注:日本のCasetify公式ウェブサイトでも展開中)。

原文はこちら

関連記事

Netflix作品「イカゲーム」好きにすすめたい日本映画とシリーズ5選

香港のドンキが回転寿司店をオープン

東京で行くべき飲茶と点心の専門店6選

池袋、プチ中国旅行ガイド

広尾で10カ国グルメ巡り、おすすめ海外料理レストラン

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告