新大久保韓国横丁
Photo: Keisuke TanigawaShinsadon Horani Kopchan inside Shin-Okubo Kankoku Yokocho

屋台が並ぶ夜市を再現、新大久保韓国横丁がオープン

韓国グルメが集結した魅惑の横丁を紹介

編集:
Hayashi Hisato
テキスト:
Aya Hasegawa
広告

2021年12月20日、複数の韓国料理専門店が集結した新大久保韓国横丁がオープンした。コリアンタウンのメインストリートである大久保通り沿いにあり、都営大江戸線の東新宿駅からもアクセスしやすい立地だ。1、2階を合わせて総面積210坪、席数450席という大規模な施設で、20日には1階部分がオープンとなった。 

新大久保韓国横丁
Photo: Keisuke Tanigawa

施設内は全長約60メートルの細い路地に、チヂミ、ホルモン、豚足など韓国料理の専門店10店舗がずらり。活気あふれる路地にいくつもの店が並ぶ韓国の市場にまぎれ込んだかのようだ。

カラフルな看板やレトロな壁画など、思わず足を止めて写真を撮りたくなるようなスポットも点在。韓国の市場を練り歩きながら店を探す高揚感が味わえる。

新大久保韓国横丁
Photo: Keisuke Tanigawa

一体どんなものが食べられるのか。気になる店舗を紹介しよう。大久保通り側の入口を入ってすぐの場所にあるポップな雰囲気のチュンヒャンジョンは、チヂミとマッコリの店。トッポギやキンパ、のり巻き揚げなど韓国のストリートフードの定番を用意し、マッコリも複数取りそろえているという。

新大久保韓国横丁
Photo: Keisuke Tanigawa

マポ豚足は、日本ではあまり見かけない豚足とポッサムの専門店。漢方材料と共に約6時間煮込んだ自家製の豚足は、ぜひ賞味したいところだ。

新大久保韓国横丁
Photo: Keisuke Tanigawa

韓国ホルモンの店、シンサドンホランイ コプチャンでは激辛ホルモンを、レトロな内装の漢江の奇跡では、80年代に韓国で流行し近年再ブームとなった冷凍サムギョプサルを提供している。

新大久保韓国横丁
Photo: Keisuke Tanigawa

チキン屋はその名の通り、チキンの専門店。韓国では鉄板の組み合わせでビールとのカップリングは抜群で、専門店もあるそうだ。韓国式中華料理店、上海ポチャでは、韓国映画やドラマにもよく登場する韓国の国民食、ジャジャー麺を提供する。

新大久保韓国横丁
Photo: Keisuke Tanigawa

餃子とシャンパンをカジュアルに楽しめることで人気の泡包シャンパンマニアも出店。他店舗でもおなじみの餃子のほか、チヂミなどの販売も行う。 

会計は店舗ごとに行うが、別の店舗の料理を購入し、持ち込むのは自由。各店の自慢の品を少しずつ食べるという手もある。ランチを用意している店舗もあり、幅広い年齢層、用途で利用できそうだ。がっつり腰を据えて食べて飲むもよし、さくっと1杯飲んで帰宅するもよし。もちろん、待ち合わせ利用や待ち合わせまでの間の時間つぶしなど、0次会にも重宝しそうだ。

新大久保韓国横丁
Photo: Keisuke Tanigawa

2022年1月オープン予定の2階部分には、カラオケ(8室、うち1室は20人ほどを収容できるVIPルーム)、スナック、バー、さらに30席ほどのフリースペースが誕生。フリースペースにはドリンクカウンターも設置し、料理は1階の店舗から出前ができる。韓国グルメやカルチャーが集まる新大久保を盛り上げる、ニューススポットを訪れてみては。

新大久保韓国横丁の詳細はこちら

関連記事

世界の薬膳やスパイスを使ったネオ火鍋の店、裏の山の木の子がオープン

バクテー専門の次世代自動販売機が北区十条のA1肉骨茶に登場

池袋、プチ中国旅行ガイド

東京、チャイスタンド7選

日本初、本格火鍋チェーン賢合庄が高田馬場にオープン

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告