Osamu Watanabe
Photo: Osamu Watanabe Atelier

世界の名画をデザートで表現? ポップでスイートな展示が開催中

フェイククリームアートで表現する『真珠の耳飾りの少女』など

https://media.timeout.com/images/105799670/image.jpg
テキスト:
Kaila Imada
広告

日本のレストランの店先に陳列されている「食品サンプル」はプラスチックや樹脂、蝋(ろう)などを原料に作られている。この本物そっくりな「フェイクフード」をさらに進化させ、アイコニックなアート作品を制作する現代美術作家が、渡辺おさむだ。

現在、静岡の平野美術館では、渡辺による独自の技法「フェイククリームアート」を用いて世界の名画や彫刻をオマージュしたアート展示が行われている。作品はどれもカラフルなアイシングや、身近なお菓子でデコレーションされているのが特徴。一度は見たことのある有名な絵画が、キュートかつ繊細な渡辺の世界観と融合している。

見どころは、フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』をオマージュした作品。クロワッサンとフルーツクレープでできたヘッドピースが特徴のこの作品は、よく見ると絵の色に合わせてフェイククリームが細かく落とし込まれている。

Osamu Watanabe
Photo: Osamu Watanabe Atelier

 エドヴァルド・ムンクの『叫び』をクリームだけで表現した作品は、インパクト大だ。 

Osamu Watanabe
Photo: Osamu Watanabe Atelier

クロード・モネのファンには、代表作『睡蓮』のフェイククリームバージョンも。

Osamu Watanabe
Photo: Osamu Watanabe Atelier

そのほか、葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』をパステルカラーでポップに表現したものや、浜松銘菓の『うなぎパイ』をモチーフにした作品、キャンディーやマカロンで細かくデコレーションされた仏像など、カラフルなスイーツデコアートの数々が並ぶ。

Osamu Watanabe
Photo: Osamu Watanabe Atelier

『渡辺おさむ展-お菓子の美術にようこそ-』は、2021年8月15日(日)までの開催。平野美術館へのアクセスは、東京から約2時間の浜松駅が最寄駅となる。

詳細は平野美術館の公式ウェブサイトを確認してほしい。

関連記事

キャリア50年以上、女性アーティストたちの展示が森美術館で開催中

日本のおしゃれ70年分をひもとく展示が国立新美術館でスタート

7月から8月に行くべきアニメ展示8選

山梨県立美術館で蜷川実花が大規模個展を開催

グランドハイアット東京のロビーがアートスペースに

最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告