RAINBOW DISCO CLUB
RAINBOW DISCO CLUB

RAINBOW DISCO CLUBが5月に野外オールナイトイベントを開催

7年ぶりの都市型パーティーを川崎で企画

テキスト:
Kunihiro Miki
広告

人気野外フェスティバル『Rainbow Disco Club』が、スピンオフ企画として野外オールナイト公演『RDC "BACK TO THE REAL"』を2021年5月1日(土)に開催することを発表した。

例年、国内外の先鋭的なハウス、テクノDJを集め、東伊豆クロスカントリーコースを舞台に開催してきた野外フェスティバルだが、2020年は新型コロナウイルスの影響により東伊豆での開催は見送る代わりに、12時間にわたる動画配信イベント『somewhere under the rainbow!』を開催。

いち早い有料動画配信への切り替え、また音質、演出の面でも抜きん出たクオリティーを見せ、音楽業界以外からも話題を集めた。

RAINBOW DISCO CLUB
RAINBOW DISCO CLUB

今回は、川崎市にある臨海公園、ちどり公園を舞台に、DJ NOBUやWata Igarashi、Chee Shimizu、KUNIYUKI、寺田創一、SAUCE81、DJ SPRINKLES、Kenji Takimi、Yoshinori Hayashi、LICAXXX、KIKIORIX、SISI、SATOSHI & MAKOTO、HARUKA、CHIDA、SOBRIETYら国内の人気DJやトラックメイカーが出演する。

RAINBOW DISCO CLUB
RAINBOW DISCO CLUB

2014年までは都市型フェスティバルとして、晴海客船ターミナルで開催されていた『Rainbow Disco Club』。主催者も「原点回帰」と意気込む今回のスピンオフイベントは、元気をなくしたクラブシーンとファンたちにとって、久々の明るいニュースとなりそうだ。

『RDC "BACK TO THE REAL"』の詳細はこちら

関連記事

フロアから見える景色の変容、DOMMUNE緊急小箱サミット

MOODMANら出演、下北沢のクラブによる配信番組の第2弾が開始

ラフォーレにマスクの自動販売機が登場、P.A.M.やCarne Bollenteなど

渋谷最大規模のクラブATOMがコワーキングスペースに変身

ナイトタイムエコノミーの復興に向けた調査レポート、日本語版が公開

最新ニュース

    広告