MASKBOX
ガカモレジャパン 株式会社#MASKBOX

ラフォーレにマスクの自動販売機が登場、P.A.M.やCarne Bollenteなど

期間限定で30の人気ブランドのマスクが販売

作成者: Hanako Suga
広告

新型コロナウイルスの感染拡大から1年が経過したが、2021年もマスクの使用は必須のようだ。ここ最近ではファッショニスタも愛用するデザイン性の高いものなども続々と登場しており、マスクのコーディネートの幅は広がっている。

2021年3月から期間限定で開催される『#MASKBOXは、おしゃれな「マスクコーデ」をもっと楽しみたいという人にぴったりのポップアップショップ。スイムウエアブランドの『GUACAMOLE JAPAN』が主催し、期間中はラフォーレ原宿のエントランス前に30ブランド90種類のマスクが勢ぞろいした自動販売機が設置される。

#MASKBOX
Photo:ガカモレジャパン

ラインアップには『jouetie』や『MILKBOY』をはじめ、オーストラリアの『P.A.M.』、パリの気鋭ブランド『Carne Bollente』などの注目ブランドが名を連ねており、ファッションブランド以外にもイラストレーター、 フード、ライフスタイル企業がデザインした多様なマスクが集められる予定だ。

Photo:ガカモレジャパン

マスクの価格は1,300円から1,700円ほど。性能が低下しにくく何度も洗って使えるストレッチ素材が使用されており、付属のナノフィーバーフィルターを装着すれば高機能マスクとしても使える。

期間は2021年3月1日(月)から3月11日(木)まで。マスク自動販売機の設置エリアはラフォーレ原宿の1階エントランスで、11時から20時まで購入が可能だ。また、今回初めてファッションマスクを制作したブランドもあるので、気になるラインアップがあったらぜひチェックしてほしい。

『#MASKBOX』の公式ウェブサイトはこちら

関連記事

151柄から選べるオリジナルポケモンマスクの販売がスタート

200種類以上そろうフェイスマスク専門店が東京駅にオープン

ついに自販機でPCR検査キットが買える時代に

レトロな自動販売式食堂がニューヨーク近郊の街にオープン

コロナ禍に良質な睡眠を取るための6の方法

最新ニュース

    広告