Queer Japan
Photo: twitter.com/queerjapan

日本のLGBTQ+文化を知るドキュメンタリーがオンラインで配信

近日公開の『Queer Japan』でクィアカルチャーを学ぶ

https://d32dbz94xv1iru.cloudfront.net/customer_photos/3d733c4f-4115-45d8-90f2-b7f23c2d5403.jpg
テキスト:
Emma Steen
広告

いまだに同性婚を合法化したり、職場でのLGBTQ+マイノリティへの差別を禁止するような法律が存在しない日本のクィアシーンは、ジェンダーを超えて、自分自身を表現する人たちで盛り上がっている。日本以外の国に住んでいて、新宿二丁目を訪れたことがない人や、シスジェンダーの常識を覆すアンダーグラウンドなパーティーに参加したことがない人は、日本でLGBTQ+であることの意味を明らかにするドキュメンタリー映画Queer Japan(製作:クィア ジャパン)をチェックしてみてはいかがだろう。

Queer Japan
Photo: fb.com/queerjapan

Queer Japan』は、東京のLGBTフレンドリーなバーやフェティッシュクラブを上っ面で紹介するだけでなく、LGBTQ+コミュニティーに対する日本の態度が、世界とともにどのように変化してきたかを伝えてくれる。出演者は、ドラァグクイーンをはじめさまざまな活動を行うヴィヴィアン佐藤、トランスジェンダー活動家でありセックスワーカーの権利を守るための団体、SWASHメンバーの畑野とまと、シモーヌ深雪や田亀源五郎、サエボーグなどバラエティー豊かだ。

また、刺激的なパーティーも多く登場。華やかなドラァグクイーンと、ポジティブな出演者たちが贈るカラフルな万華鏡のようなQueer Japan』は、かしこまった観光パンフレットを超えて、日本のLGBTQ+カルチャーと予想外の側面を見せてくれる。

このドキュメンタリーは、Apple TVまたはAmazon プライム・ビデオで、一部の地域で視聴できる。日本はまだオンライン配信の対象になっていないが、公式ウェブサイトでは近日公開のニュースが掲載されたところだ。

『Queer Japan』詳細はこちら

関連記事

署名でLGBT平等法を実現へ、締め切りは2021年2月末まで

東京、学びのクィアスポット6選

ニューノーマルの時代を考える、Netflix配信中のドラマ5選

東京、テイクアウトできるビーガンレストラン10選

LGBTQに開かれた情報を発信、プライドハウス東京レガシーの試み

最新ニュース

    広告