Courtesy Peter Luger
Courtesy Peter LugerWaiters at Peter Luger's Steakhouse on Broadway in Brooklyn.

ニューヨークの老舗ステーキハウスが恵比寿に上陸

創業130年、熟成肉のおいしさをピーター・ルーガーで味わう

作成者: Time Out Tokyo Editors
広告

2021年9月、ニューヨークで創業130年の歴史を持つステーキハウス、ピーター・ルーガー・ステーキハウス(Peter Luger Steak House)が、初の東京出店を予定。場所は恵比寿ガーデンプレイス向かい、くすのき通りの3階建てのレンガ外壁の建物にオープンするという。

Courtesy Peter Luger
Courtesy Peter LugerCourtesy Peter Luger

ピーター・ルーガーは、ドライエイジングビーフ(熟成肉)のステーキを世界に広めたブルックリンの老舗レストラン。1887年にドイツからの移民、ピーター・ルーガーとおいのカールが始めた店から始まり、長年の人気を誇っている。ミシュランガイドをはじめ、一般ゲストの格付けサービス『ザガット・サーベイ』で30年以上もの間上位にランクインするなど、その実力は確固たるものだ。

じっくりと熟成したTボーンステーキ

看板メニューはフィレとニューヨークストリップ(サーロイン)が付いたTボーンステーキの『ポーターハウス・ステーキ』。東京店でも最上級のプライムビーフを使い、オーナーが選任した目利きのスタッフが買い付けを行うという。専用の熟成庫の中で、じっくりと熟成したステーキはうま味と香りが増し、柔らかい肉質が特徴だ。

Courtesy Peter Luger
Courtesy Peter LugerCourtesy Peter Luger

まるで劇場? ライブ感ある内装にも注目

メニューだけではなく、店舗にも注目したい。レンガの外壁の建物は、ブルックリンの本店のようなたたずまいだ。1階にはバーとテイクアウト専用のショップ、2階は天井高6メートルの開放的なダイニング空間を設置。ピーター・ルーガーの系列店で初となるオープンキッチンもあり、3階からは2階ダイニングを見下ろした、まるで劇場のようなバルコニー席のレイアウトが広がっている。

ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京
ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京

店舗のオープンに先駆け、予約は2021年8月から受け付けを予定している。海外旅行に行けない現在、老舗ステーキハウスでニューヨーク気分を味わってみては。

ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京の詳細はこちら

関連記事

ロンドンでカルト的人気を誇るイタリアンが今夏、表参道にオープン

東京、この春行きたい海外グルメフェスティバル

レインボープライドに先駆け、イケアがコレクションシリーズを発売

イケア渋谷に都市型初のスウェーデンレストランが4月21日オープン

東京、オープンエアで食べる店22選

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告