Louvre Museum
Photograph: Tommyubc / Shutterstock.com

ルーブル美術館がほぼ全ての収蔵品をバーチャルで展示

世界最大の美術館はオンラインで楽しむ

https://d32dbz94xv1iru.cloudfront.net/customer_photos/4e4a523a-5529-4a58-a105-e89b2f56ace3.jpg
テキスト:
Huw Oliver
広告

世界最大の美術館として知られるフランスのルーブル美術館が、そのコレクションのほぼ全てをオンラインで公開しているのを知っているだろうか。同美術館ウェブサイトの「ルーブル・コレクションズ」と呼ばれるセクションへ行くと、なんと48万2000点もの美術作品を完全に無料で見られるのだ。

このサービスがスタートしたのは、2021年春。世界中の美術館や博物館がその1年前からバーチャルやオンラインをキーワードにした取り組みを発表してきたなか、ルーブルの「デジタル化」は後発ではあったが、実現したのはうれしい限りといえる。

膨大な数のオンライン展示作品の中心は、ルーブル美術館と国立ウジェーヌ・ドラクロワ美術館から集められた絵画、版画、スケッチ、オブジェ、彫刻。さらには、隣接するチュイルリー公園やカルーセル庭園の彫像も含まれている。作品の多さに圧倒されているかもしれないが、心配は無用。作品は部門やテーマ別で見たり、インタラクティブなマップを使い展示室を探索しながら楽しむこともできる。

パリでは5月から経済活動が徐々に再開され、ルーブル美術館などの文化施設も再オープンしている。しかし、海外旅行へ行くのはまだハードルが高いだろう。実際に訪れるようになるまで、オンラインで世界最高峰の美術コレクションを楽しむのはどうだろうか。

原文はこちら

関連記事

無料観賞できる日本各地の博物館、美術館オンラインビューイング

東京のベストパブリックアート

野外で楽しむアートミュージアム7選

SDGsとアートの未来とは、南條史生が語る

週末、銀座でアート散歩を楽しむ5のこと

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告