「#OnigiriAction」
「#OnigiriAction」

おにぎり写真の投稿で100円分の給食を寄付

SDGsゴールに向けた「おにぎりアクション2021」

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

10月16日は、国連が定めた「世界食料デー」(世界中の人が食べ物や食料問題について考える日)だ。この日を記念して、世界の食料問題の解決に取り組むTABLE FOR TWO International(以下、TFT)は「おにぎりアクション2021」を実施。2021年9月1日には、特設ウェブサイトが公開された。

SNSで写真を投稿してアフリカ、アジアの子どもたちへ寄付を

「おにぎりアクション2021」は、おにぎりの写真投稿を通じて、アフリカ、アジアの子どもたちに給食5食(100円)の寄付を行うプロジェクトだ。やり方は、おにぎりにまつわる写真に#OnigiriActionのハッシュタグを付けて、SNS(Facebook、Instagram、Twitter)または特設ウェブサイトに投稿すると、協賛企業から寄付が届けられる。

#OnigiriAction
#OnigiriAction

近年、SDGsへの関心が高まっている。SDGsが掲げるゴールの一つ「飢餓をゼロに」へ向けて、まずは身近なおにぎりを通じて関わってみては。2021年の開催は、10月5日(火)から11月5日(金)までを予定。

「おにぎりアクション2021」の詳細はこちら

関連記事

東京、ベストおにぎり3選

台湾の夜市をイメージした施設が京都に誕生

ワンストップ型居住施設で暮らしの価値を高める

渋谷の若者ワクチン接種センターが9月4日接種からオンライン抽選式へ

ネイキッドが手がけるレストランにビーガンランチコースが登場 

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告