渋谷慶一郎
写真:『ドバイ万博』の日本館

ドバイ万博開幕まで1カ月、日本館の内容とは

2025年の『大阪・関西万博』へつなげるアクションも

テキスト:
Hanako Suga
広告

開催まで残り1カ月を切った『2020年ドバイ国際博覧会(Expo 2020 Dubai)』。音楽家の渋谷慶一郎が、万博で開催される「ジャパンデー」のメインステージでパフォーマンスを行うことが発表されたが、政府などが出展するドバイ万博日本館の各種展示内容も公開された。

『ドバイ万博』は、2021年10月1日(金)〜 2022年3月31日(木)にアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開催される中東およびアフリカ地域初の登録博だ。世界192カ国が参加し、約2500万人の来場者を見込んだ大規模な万博となる。当初は2020年の開催を予定していたが、コロナ禍のため1年延期されていた。

日本館の会場は?

会場となる日本館の建物は、日本とドバイの融合を感じさせるファサードデザインが特徴。パビリオンの中では最新の映像表現や空間演出を体験しながら、訪れた人が日本について知るだけでなく新しいアイデアを生み、未来のために行動を起こすことを促す。また、2025年に開催される大阪で行われる万博のアピールも行われる予定だ。

テーマは「アイディアの出会い」

日本館は「アイディアの出会い」というテーマのもと、6つのゾーンで構成。ゾーンは日本の原風景を紹介する「日本との出会い」と題したコーナーからスタートし、「出会いの歴史での文化」では独自の発展を遂げてきた日本の歴史を振り返る。続く「現代日本のテクノロジー」では、精巧な模型作品の数々を展示。

そのほか、現代社会における課題を見つめる「私たちの今と課題」、360度に広がる全周型のシアターを導入した「アイデアの出会い」、そして「いのち輝く未来社会のデザイン」では大阪・関西万博を紹介する。

また、観覧専用スマートフォンを使って来場者の行動をデータ化することで、それぞれのクライマックスシーンが形成されたり、霧や鏡を導入するなど幻想的な会場演出が行われるのも見どころだ。

ハラル食材の和食が楽しめる

日本館レストランでは、回転すしのスシローが中東初出店。メニューの数はドリンクを含めて120種類で、来場者が安心して楽しめるようハラル食材を使用する。

オンラインでも万博を体験できる

現地への渡航制限や物理的な往来が制限される状況を受け、世界のどこからでも日本館にアクセスできる「バーチャル日本館」も10月1日に開設される予定だ。現地からのライブ配信を行うほか、世界中の人々が直面する課題や、その解決に向けたアイデアを共有できるプラットフォームをオープンする。

また、アバターを操作することで日本館にいるかのような体験ができるイベントも企画されているので、ドバイまで行けなくても会場の臨場感を味わうことができるかもしれない。

日本館についてもっと知りたい人は公式ウェブサイトをチェックしてみよう。

関連記事

ドバイ国際博覧会について知っておくべき5つのこと

ドバイ万博の韓国パビリオン、K-POPライブを毎週開催

エミレーツ航空、UAE身分証明証でワクチン接種確認を簡略化

タイムアウトマーケットドバイ、ついにオープン

アブダビが仕事のために移住したい都市ランキング上位に』 

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告