偏愛ショッピング
偏愛ショッピング

非接触で偏愛に触れるソロショッピング専用店が本駒込にオープン

柑橘とシイタケ関連商品だけの無人店舗、1組のみの入場システム

作成者: Genya Aoki
広告

ソロだからこそ深みに触れられる。何かに没頭したことがある人なら、うなずいてしまう感覚ではないだろうか。それはショッピングも例外ではない。こんな時代だからこそ生まれた、非接触型の深い買い物体験ができる店を紹介しよう。

2021年4月3日に『偏愛ソロショッピング』が文京区向丘にあるレストランキッチン、ことことぶきの無人販売所内でオープンした。同店はシイタケを中心とした菜食だしを販売する椎茸祭社と、全国のあらゆる種類の柑橘(かんきつ)を取り扱うみかん社、青山ブックセンター本店による無人店舗企画だ。期間限定の出店者による入れ替わり制の商品構成で、コロナ禍における小型の非接触型店舗の試みとして、1組ずつ入場し買い物をするシステムになっている。

偏愛ショッピング
偏愛ショッピング


椎茸祭社とみかん社は、いずれもシイタケと柑橘(かんきつ)に深い愛情を注いでいる偏愛企業で、そのこだわりを凝縮したシイタケと柑橘(かんきつ)の世界に没入できるように不要なノイズを排除した空間が、『偏愛ソロショッピング』だ。

偏愛ショッピング
偏愛ショッピング


店内には椎茸祭社による「うまみが爆発する」という店舗限定の『おいしい椎茸だし』(100ミリリットルボトル、500円)や『鍋だし』袋入り、500円)のほか、開店記念としてみかん社が運営する柑橘(かんきつ)のサブスクリプションサービス『柑味(KAN-MI)』から『柑味(KAN-MI)限定食べ比べセット』(500円)を用意。青山ブックセンターからは、これらの飲食品の原材料にまつわる関連図書を選書して並べる。

偏愛ショッピング
偏愛ショッピング


余計なことを気にせず、色や香りをじっくり楽しんだり、関連する書物を読むことでより商品を感じて、知ることができる「深い買い物体験」になるだろう。

同じ建物内のレストラン、ことことぶきと連携して柑橘(かんきつ)とシイタケを使った飲食物も用意。また、2階はゲストハウスになっており、宿としても宿泊可能できる(現在改装中のため、利用できない)。

同店舗の商品は公式オンラインサイトでも販売しているので、行くのが難しい人などはチェックしてみよう。

偏愛ソロショッピングの詳細情報はこちら

関連記事

あらゆる表現と出合える独立書店、百年の二度寝が江古田にオープン

東京、無人店舗8選

東京、ひとりで訪ねたいバー15選

住んでいるかのようなアートな古着屋が、野方でリニューアルオープン

CBDメニューでくつろぐ? 渋谷に道玄坂カフェ開店

最新ニュース

    広告