ねこねこ食パン
画像提供:株式会社オールハーツ・カンパニー

ねこねこ食パンがオリジナルトートとセットの福袋を12月26日に販売

トートバッグのデザインはイラストレーターの松尾ミユキが描き下ろし

編集:
Genya Aoki
寄稿:
Tomomi Nakamura
広告

アイコニックなビジュアルのパンで人気を集める高級食パン専門店、ねこねこ食パンは2021年12月26日(日)〜2022年1月4日(火)の期間、全国の店舗で『ねこねこ福袋』を販売する。ねこねこ食パンは、プレーン、チョコ、こしあん、三毛猫などさまざまな種類があるが、福袋は中でも一番人気のプレーンとオリジナルデザインのトートバッグがセットになったものだ。

イラストレーターの松尾ミユキが手がけるトートバッグは、2022年用に新しく描き下ろしたイラスト入り。思わずほっこりする2匹の猫が並んだデザインは、新年の外出がさらに楽しみになるに違いない。

『ねこねこ食パン(プレーン)』
『ねこねこ食パン(プレーン)』(画像提供:株式会社オールハーツ・カンパニー)

プレーンの生地は一口かじるとほんのり甘い仕上がり。ミルキーでコクがあり、しっとりもっちりとした口当たりだ。水分はミルク100%、国産の小麦を使い、蜂蜜、生クリーム、バター、マスカルポーネチーズなどを練り込んで仕上げている。

ねこねこ食パン
画像提供:株式会社オールハーツ・カンパニー

パンはそのまま食べてもおいしいが、自分なりにデコレーションを施してみるとより楽しみ方が広がる。例えば、黄色と茶色のチョコレートペンを使って2022年の干支である「寅(とら)」の顔を描いてみよう。ねこをモチーフにしたパンが途端に別の動物に変身。新たな年を迎えるに際し、気分をグッと盛り上げてくれるだろう。

ねこねこ食パン
アレンジ例(画像提供:株式会社オールハーツ・カンパニー)

プレーンはどんな食材ともなじみやすい味なので、フルーツを盛ってみたり、チーズやベーコンをトッピングしてみたりと、そのほかにもアレンジは自在。写真映えも華やかだ。年末年始には家族でアレンジを楽しみつつ、それぞれのお気に入りの組み合わせを探してみるのもいいかもしれない。

ねこねこ食パンの詳細情報はこちら

関連記事

年賀のギフトに桐箱入りTENGAが発売中

パントンが発表、2022年の色はベリーペリ

渋谷スクランブルスクエアが2022初日の出特別鑑賞イベントを開催

渋谷駅前のカウントダウンイベントが2年連続中止へ

東京、元旦以外も訪れたい初日の出撮影スポット5選 

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告