Naoshima
Photo: Henry Perks/UnsplashThe Naoshima pumpkin before it was damaged

再展示の可能性あり? 破損した直島の黄色いカボチャは今

瀬戸内国際芸術祭の期間中に復活か

Emma Steen
テキスト:
Emma Steen
広告

2021年に日本列島を襲った台風により損壊した直島の草間彌生の『南瓜』の修復を願うファンは多い。現在、回収されたカボチャは草間の元に引き渡されているが、作品がどのような状態かは分からないままだ。

産経新聞によると、再展示のめどが立っていないのは、作品を管理するベネッセホールディングスが修復するか新たに作り直すかの結論を出していないからだと報道。

しかし同記事では、ベネッセ広報部が「2022年11月に閉幕する瀬戸内国際芸術祭の期間中の再展示を目指す」と説明したことにも触れている。芸術祭の閉幕まであまり時間がないように思えるが、作品ができるだけ早く修復されることに期待したい。「アートな島」はあのアイコニックな黄色いカボチャがないと、同じ島には見えないのだ。

関連記事

草間彌生のカボチャが見られる4の場所

コジコジ万博でしかできない5のこと

山梨の中村キース・ヘリング美術館、5月14日から15周年記念展を開催

直島に全室露天風呂付きのアートな本格旅館が誕生

2022年、見逃せない芸術祭5選

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告