Photo: 割烹 松本館
Photo: 割烹 松本館

ノスタルジックな名建築を会場にした芸術祭が松本市で開催

2022年初開催の『マツモト建築芸術祭』、明治初期や国宝建築も

テキスト:
Hayashi Hisato
広告

国宝や県宝をはじめ国登録有形文化財が多数ある松本市で、名建築の建物を会場にしたアートフェスティバルが開催。2022年1月29日(土)~2月20日(日)、『マツモト建築芸術祭(MATSUMOTO Architecture + Art Festival)としてさまざまな場所で行われる。

Photo: アルモニービアン、松本丸の内ホテル(旧第一勧業銀行松本支店)
Photo: アルモニービアン、松本丸の内ホテル(旧第一勧業銀行松本支店)

会場は、アルモニービアン、松本丸の内ホテル(旧第一勧業銀行松本支店)、旧開智学校、割烹 松本館、旧念来寺鐘楼、池上邸土蔵、かわかみ建築設計室(旧松岡医院)、白鳥写真館、下町会館、宮島肉店、池上百竹亭 茶室、旧松本カトリック教会司祭館、松本聖十字教会、 レストランヒカリヤ(旧光屋)、珈琲茶房かめのやなど。

Photo: 旧開智学校
Photo: 旧開智学校

中でも旧開智学校は国宝に認定されており、明治時代初期の小学校建築を代表する建物だ。そのほか長野県宝の旧念来寺鐘楼や、昭和初期に建設された旧第一勧業銀行松本支店など、ノスタルジックな名建築とアートのコラボレーションが期待される。

『マツモト建築芸術祭』
『マツモト建築芸術祭』

出展アーティストは、磯谷博史、井村一登、石川直樹、太田南海、河田誠一 、釘町彰、白鳥真太郎、五月女哲平、土屋信子 、中島崇、本城直季、松澤宥、山内祥太、ロッテ・ライオンほか、世界で活躍する若手アーティストから、松本にゆかりのある重鎮まで十数人が参加する。

23日間の会期中は無休。開場時間などの詳細は、公式ウェブサイトの発表を確認してほしい。

マツモト建築芸術祭の詳細はこちら

関連記事

安藤忠雄のヴァレーギャラリーなど直島に2022年3月オープン

上野の歴史を読み解く展示、東京都美術館で開催中

ニューヨークのチェルシーに新文化施設がオープン

渋谷の工事仮囲いに佃弘樹や田中功起ら8人のアーティスト作品が登場

瀬戸内国際芸術祭2022、参加アーティストなど企画内容を発表

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告