Ireland Irish Pub musicians guitarist artists
Photograph: BOULENGER Xavier / Shutterstock.com

アイルランド政府がアーティストにベーシックインカム提供

週約4万5,000円、まずは2000人が対象

Sophie Dickinson
テキスト:
Sophie Dickinson
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

何世紀もの間、アーティストは生活費を稼ぐのに苦労してきた。クリエーティブな仕事が天職だったとしても、リッチでもない限り、キャリアのスタート時に前進するのは難しいだろう。ただ、うまくいっていなかったとしても、それはアーティスト活動に価値がないということではない。

それを分かっているのか、アイルランド政府は、アーティストたちがより高いレベルで活動できるようベーシックインカムを提供しようとしている。その額は、1週間当たり325ユーロ(約4万4,700円)。2000人のアーティストに対し、3年間分が提供される予定だ。

これにより期待されるのが、アイルランドの文化セクターの活性化。同国首相であるミシェル・マーティンは、「アイルランドの芸術と文化は、その個性と多様性において、我々のアイデンティティーの源泉。芸術のためのベーシックインカムは、アーティストやクリエーターを支援し、将来にわたって芸術を繁栄させるためのまたとない機会だ」と語った。

この制度の目的は、「芸術に関する仕事が断続的や周期的、またプロジェクトベースであるが故に起こる収入の不安定さに対処する」こと。アーティストたちが、長年直面してきた問題について、かなり対応している制度になったといえる。また、この取り組みに投入される金額は、2,500万ユーロ(約34億3,450万円)とかなり大きい。

コンペなどと違い、このベーシックインカムの提供に関して、クリエーションの質は問われない。専用ウェブサイトでは、アイルランドの画家、音楽家、作家など、アイルランドのアーティストからの募集を受け付けている。受給者は2022年5月12日(木)に無作為に選ばれる予定だ。

この取り組みは、現段階ではパイロット版であるため、成功すればさらに拡大する可能性があるという。

原文はこちら

関連記事

ニューヨークのチェルシーに新文化施設がオープン

総工費400億のバブル期建築、アーティストインレジデンスを募集中

コロナ禍が問い直す文化の本質的価値

ポストコロナ、コミュニティーはどう変化するか

下北沢に「新たな文化の結節点」、ミニシアターのK2がオープン

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら  

最新ニュース

    広告