GINZA SWEETS MARCH
Photo: Yukiko Yamamotoジェローム チーズケーキ ギンザの『ジェロームバスクチーズケーキ』

新たなスイーツスポット、ギンザスイーツマーチが銀座イグジットメルサに登場

実店舗1号店や都内初出店など話題のスイーツテナント12軒が集結

編集:
Genya Aoki
テキスト: Yukiko Yamamoto
広告

銀座5丁目のイグジットメルサ (EXITMELSA) 1階に、新たなスイーツスポットであるギンザ スイーツ マーチ(GINZA SWEETS MARCH)が2022年4月27日(水)、オープンする。

GINZA SWEETS MARCH
Photo: Yukiko Yamamoto

「あなたへ、がんばった私へ、とっておきの贈り物を」をコンセプトに、中央通りに面したグランドフロアをリニューアル。新規オープンの注目店や、都内初出店の人気パティスリーなど多彩な12店舗が出迎える。まさにマーチのようににぎやかな、心が弾むラインアップだ。

GINZA SWEETS MARCH
Photo courtesy: GINZA SWEETS MARCHジェローム チーズケーキ ギンザ

ここでは、初の実店舗を構えた3店舗を中心に同施設の魅力を紹介しよう。まず注目してほしいのは、ジェローム チーズケーキ ギンザ(JÉRÔME cheesecake GINZA)。スターシェフのジェロームが監修したバスクチーズケーキ専門店が実店舗をオープンする。

バスク地方のチーズや北海道産のフレッシュクリームチーズなどから作られたケーキは、深く上質な味わい。特徴的なスモークの香りもクセになりそうだ。名だたる三つ星レストランでヘッドシェフを務めたジェロームは「愛しい人と極上のくちどけを味わってほしい」と微笑む。

GINZA SWEETS MARCH
Photo courtesy: GINZA SWEETS MARCH金田屋

「進化系フルーツ大福」を手がける金田屋が作り出す、大福のイメージを超越したビジュアルにはきっと驚くだろう。旬のフルーツをあえて包み隠さず、求肥(ぎゅうひ)の上に美しくデコレート。竹炭が練り込まれた真っ黒な生地の中に、北海道産アズキの白あんとクリームチーズが包まれている。まずはイチゴやリンゴなど4種類を展開し、今後は約10種類に増やしていく予定だ。 

GINZA SWEETS MARCH
Photo: Yukiko Yamamotoプティリエ

オンライン販売や百貨店への期間限定出店などで話題を集めていたメレンゲ菓子専門店、プティリエ(Petitrier)も初めて店舗を構える。メレンゲを主役にした愛くるしいマカロンやクッキーが並ぶ。缶のデザインもかわいらしいので、手土産としても喜ばれるだろう。

GINZA SWEETS MARCH
画像提供:株式会社フジランド『プレジール シトロン プラリネ』

中でも在日フランス大使館総料理長監修セバスチャン・マルタンがレシピ考案、全面監修をした新スイーツ『Plaisir citron praliné(プレジール シトロン プラリネ)』(972円)はぜひチェックしてほしい一品。メレンゲの下にはレモンクリームとプラリネクリームの層があり、中にはヘーゼルナッツのビスキュイやクランブルが入っている本格的なフランススイーツである。

GINZA SWEETS MARCH
Photo: Yukiko Yamamotoシヅカ洋菓子店 自然菓子研究所

ピエール・マルコリーニ出身のシェフが手がける白金高輪の人気店、シヅカ洋菓子店 自然菓子研究所の2号店も見逃せない。サステナブルな原料を生かした優しい味わいが特徴で、端正に仕上げられたビスケット缶や焼き菓子の詰め合わせにうっとりする。タルトフロマージュは銀座店限定だ。

このほか、麻布十番の実力派パティスリー、ミラノ ドルチェ トレ・スパーデやチョコレート専門店のショコラティエ パレ ド オールといった人気を博している店舗が集結。甘くてすてきなものを見つけて、大切な誰かと味わってみてほしい。

ギンザ スイーツ マーチの詳細情報はこちら

関連記事

東京、カフェで楽しむアフタヌーンティー10選

イタリアの食文化を堪能、スターバックス銀座店がリニューアル

蔵前で人気のグローサリー&カフェ、マークトが渋谷に2号店をオープン

スターパティシエの洋菓子店「エキリーブル」が不動前に開店

銀座でしかできない55のこと

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告