銀座 荘石『棒寿司』
銀座 荘石『棒寿司』

自宅で堪能、オーストリアワインと会席料理の絶妙な組み合わせ

銀座壮石の名物『棒寿司』も取り寄せ可能

作成者: Time Out Tokyo Editors
広告

1921(大正10)年に創業した寿司岩の流れを継ぎ、2010年にオープンした銀座 荘石ではオンラインショップを強化し、『季節の炊き合わせ』(1,300円)、『蛸の桜煮』(3人前2,600円)、ジューシーな『合鴨ロース』(3,600円)などの本格的な会席料理を提供している。

銀座 荘石『合鴨ロース』
銀座 荘石『合鴨ロース』

名物のタイの『棒寿司』は、注文を受けてから仕込み、作り立てをすぐに真空包装して発送。店舗で提供するのと変わりない状態で、自宅でも味わえるようにした。神戸元町で開業した寿司岩時代から続く、さらしで押し締め、少し甘めのシャリの関西風の押し寿司だ。『棒寿司』には穴子、アジもあるので食べ比べてみるのも一興だ。

寿司岩の創業者、西谷正重の孫である岡田壮はオーナーソムリエであり、「Austrian Wine Marketing BoardAWMB)」認定オーストリア大使。江戸前寿司や会席料理を引き立てるワインをセレクトし、店では絶妙なペアリングを提案し、定期的なワインランチ会なども企画している。

取り寄せメニューにも、『煮穴子』(11,600円)には赤の『ピットナウアー ザンクト・ラウレント ドーフラーゲン』もしくは甘口の貴腐ワイン『ハイディ・シュレック ベーレンアウスレーゼ』など、それぞれに合うワインを記載している。

銀座 荘石『季節の炊き合わせ』
銀座 荘石『季節の炊き合わせ』

さらにはリモートで参加できるワイン会なども開始した。これは事前にワインと料理を取り寄せ、実際に味わいながらオーナーソムリエが解説。オンラインでオーストリアとつなぎ、ワインの生産者を招いてみんなで交流するという内容で、今後も開催する予定だという。

2021年22日(火)の節分には、予約限定で『特製恵方巻2本セット』も店頭受付で販売される。七福神にちなみ7種のネタを巻いた太巻きで、軽くいぶしたサーモンとアボカド、卵焼きが入った『えびす』と、本マグロのトロやイクラが入った『大黒』の2本がセットで3,780円。極上の寿司を口いっぱいに頬張りたい。

銀座 壮石のオンラインショップはこちら

テキスト:間庭典子

関連記事

特別な日に取り寄せたい究極のグルメ

東京、ホテルのテイクアウトグルメ5

取り寄せできるカレーもつ鍋でスパイシーな休日を

シャングリラズシークレットが秘伝キノコ鍋のテイクアウトを開始

ブームから文化へ昇華、大阪スパイスカレーの魅力を東京で体感する

最新ニュース

    広告