フジヤマ スライダー
画像提供:富士急行株式会社Twitterキャンペーンのイラスト

国内最長の滑り台、「フジヤマ スライダー」が富士急ハイランドに誕生

地上55メートルから滑り降りる、20秒の新感覚スリル

編集:
Genya Aoki
寄稿: Yukiko Yamamoto
広告

富士急ハイランド」に2022年7月22日(金)、日本最長のチューブ型滑り台「フジヤマ(FUJIYAMA) スライダー」が誕生する。富士山を見晴らせる展望デッキから一気に滑り降りるなんて、想像するだけでわくわくする。

フジヤマ スライダー
画像提供:富士急行株式会社「フジヤマ スライダー」イメージ

フジヤマ スライダーは、2021年7月にオープンした展望台「フジヤマ(FUJIYAMA) タワー」に新設。高さ55メートルに設けられた展望デッキから地上まで、タワーに巻きつくように造られたらせん状の滑り台だ。

全長120メートルは、国内のチューブ型滑り台の中では最も長いという。チューブに覆われているため中は真っ暗で、入り口から見下ろしても先が見えず、どこまでも続いているようでぞくぞくする。

専用のスライディングマットに足を入れ、寝そべるような体勢で滑っていく。体格による個人差はあるが、滑り降りるまで約20秒。怖いのか、爽快なのか、それとも無になるのか、期待を超える体験ができそうだ。心を決めて滑り出す前に、スタート地点であるフジヤマ タワーの展望デッキから景色を眺めることを忘れずに。

フジヤマ スライダー
画像提供:富士急行株式会社フジヤマ タワー

富士急ハイランドの名物といえば、絶叫アトラクションの「FUJIYAMA(フジヤマ)」。急上昇や急降下などが特長の非常に激しいコースターで、乗車中に見える素晴らしい景色も楽しみの一つだ。

しかし、目にすることができるのは乗車した人だけで、乗り物が苦手な人などは想像するしかない憧れの景色だった。 そこで造られたのがフジヤマ タワー。より多くの人が、とっておきの絶景を心ゆくまで見られるようになった。遮るものが何もない美しい富士山とともに記念撮影が楽しめるのもうれしい。

さらに「一気に滑り降りる」アトラクションが加わるのは、規格外の絶叫マシンをいくつも世に送り出してきた富士急ハイランドらしい。新感覚のスリルをぜひ自分の体で体験してみよう。

フジヤマ スライダー
画像提供:富士急行株式会社Twitterキャンペーンのイラスト

フジヤマ スライダーの開業を前に、富士急ハイランドの公式Twitterでは大喜利風のキャンペーンを開催している。滑降中の姿が描かれたイラストをお題に面白い一言を考えるという内容で、募集は6月30日(木)まで。優秀作品はフジヤマ タワー前の広場に展示される。併せてチェックしてほしい。

富士急ハイランドの詳細情報はこちら

関連記事

河口湖に山梨県のワインを堪能できる「新世代型」の道の駅がオープン

山梨、絶景に入り込む週末旅

1万5000本のヒマワリが咲き誇るイベント、佐倉ふるさと広場で開催

50年に一度の瞬間? 浜離宮恩賜庭園のアオノリュウゼツランが開花間近

人々の思いを届ける「皇居千鳥ヶ淵 灯ろう流し」3年ぶりに復活

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら  

最新ニュース

    広告