Cruise
Cruise

ドバイ、ドライバー不要の自動運転車導入へ前進

GM傘下のCruise社と契約

テキスト:
Time Out editors
広告

ドバイの道路交通局(RTA)はドライバー不要の自動運転車の導入について、2021年4月12日、ゼネラルモーターズ傘下のCruise社との画期的な契約を発表した。同社は2023年までに、ドバイにおける自動運転タクシーおよび電子予約サービスのローンチを目指す。

これにより、ドバイは未来的な都市交通を実現するための「追い越し車線」を進み始めた。同地のスマートモビリティ戦略はさらに加速されるといえるだろう。

ドバイでは、2030年までに街を行き交う全車両の25%を「ドライバーレス」でまかなうことを目標として設定。また、同じUAEに属するアブダビでも、同様の自動運転車実験が行われる。

こうした自動運転車は、(電気で動くため)環境に優しいだけでなく、安全面でも優れているとされている。

RTAの事務局長兼会長のマター・モハメド・アル・タイヤーは、「事故の90%以上の主な原因がヒューマンエラーであることから、自動運転車は道路における安全のレベル向上に貢献します。また、環境に配慮した電気自動車でもあります。多くのお客さま、特に高齢者の方々にも利用してもらえるでしょう」と述べている。

ドバイにおけるさまざまな場所への移動の際、「ドライバーレスタクシー」を利用できるようになるのも、そう遠くないかもしれない。この街で運転手のいない車が目に飛び込んできても、慌てないように。

原文はこちら

関連記事

タイムアウトマーケットドバイ、ついにオープン

タイムアウトマーケットドバイ、全出店ラインアップ発表

アブダビが仕事のために移住したい都市ランキング上位に

アブダビの新複合施設、アル・クアナが2020年末オープン

東京、イスラエル料理店5選

最新ニュース

    広告