JUNRed
JUNRed

ドムドムハンバーガー50周年、加賀美健とジュンレッドがコラボ

食とアート、アパレルのコラボレーションがブーム

テキスト:
Time Out editors
広告

カジュアルブランド 『RAGEBLUE(レイジブルー)』と餃子の王将のコラボレーションなど、アパレルブランドの意外性のあるコラボレーションがブームになっている。

人気メンズブランドの『ジュンレッドJUNRed)』は、老舗ハンバーガーチェーン、ドムドムバーガーと人気アーティストの加賀美健とのトリプルコラボレーションを実現した。ドムドムハンバーガーをモチーフにしたユニークなアパレルウェアやグッズを展開中だ。

この投稿をInstagramで見る

junred(@junred_jp)がシェアした投稿

今回のコラボレーションは、ドムドムバーガーの50周年アニバーサリーを記念して実現されたもの。ドムドムバーガーは日本最古のハンバーガーチェーンとして知られており、東京では小平や赤羽に店舗を構える。グッズのデザインは現代美術作家の加賀美健が担当しており、ユーモア溢れる世界観がイラストで表現されている。

JUNRed
JUNRed

ドムドムバーガーのマスコットキャラクターといえば、ゾウの「どむぞうくん」。加賀美風のゾウのイラストと「ドムドムしない」という手書きコメントがあしらわれたビッグシルエットのTシャツは、女性がコーディネイトしてもかわいいデザインだ。

JUNRed
JUNRed
この投稿をInstagramで見る

junred(@junred_jp)がシェアした投稿

加賀美のアートワークの魅力はその何とも言えないラフな雰囲気と、遊び心のあるデザインだろう。アパレルブランドとのコラボレーションも積極的に行っており、『HARE』や『ZUCCa』、スポーツブランドの『FILA』などとタッグを組んだことでも話題になった。

JUNRed
JUNRed

DOMDOM×KEN KAGAMIコラボ』シリーズでは、そのほかユニセックスで使えるキャップや、ラインソックスなどのアイテムを展開。ジュンレッドの各店舗やオンラインストアで購入が可能だ

関連記事

餃子の王将がレイジブルーと再びコラボ、ストリート風ウエアなど販売

ラルフローレンが東京五輪のアメリカ代表ユニフォームを発表

日本初のバーチャルスニーカーが9分で完売、価格は140万円

ユニクロ浅草が5月28日にオープン、法被や千社札など登場

レインボープライドに先駆け、イケアがコレクションシリーズを発売

最新ニュース

    広告