hanare ハナレ
Photo: Keisuke Tanigawa

青山蜂の姉妹店となるDJバー「ハナレ」が三軒茶屋にオープン

茶沢通り沿いに新たな音楽スポット、名物の『珈琲焼酎』と楽しんで

テキスト:
Nozomi Takagi
広告

2022年5月、三軒茶屋に新たなDJバー、ハナレ(HANARE)がオープンした。渋谷・青山蜂の姉妹店である同店は、クラブやバーが多く集まる三軒茶屋で新たなミュージックプラットフォームの一つとして、これからのナイトシーンを盛り上げていく。

hanare
Photo: Keisuke Tanigawa

窓から人と車の往来を見下ろせる三茶の新名所

三軒茶屋駅から茶沢通り沿い徒歩10分。Y字路の間に建てられた細長いビルの中にハナレはオープンした。入り口は茶沢通りに面した居酒屋の方ではなく、裏手のドアからだ。

hanare
三軒茶屋駅から茶沢通りを下北沢方面へ歩くと見えてくるとがった形のビル。向かって右手奥にある黒い扉がビルの入り口(Photo: Keisuke Tanigawa)

らせん階段とエレベーターを使って4階まで上がると、ハナレの入り口にたどり着く。扉を開けると最初に目に飛び込むのは、ビビッドなピンク色の壁と、特徴的な間取りを生かし奥に配置されたDJブース。フロアは10〜15人前後が入れば十分に盛り上がるようなサイズ感だ。ほかのクラブやDJバーで過ごしてきた人や、これから渋谷へ向かう前に一杯飲みに来た人が、入れ替わり立ち替わりに訪れる。

hanare
Photo: Keisuke Tanigawa

ハナレの魅力の一つは、国内有数音響メーカーの田口音響を取り入れていること。しっかりとした臨場感のある音を楽しむことができる。今後は渋谷・三茶エリアを中心に活動する、さまざまなジャンルや世代のDJを招致するという。

スタッフは、渋谷で1995年から営業を続ける青山蜂のメンバーが中心。「蜂」の姉妹店として、ほぼ毎日営業を続ける予定だ。蜂の名物でもあるコーヒー焼酎も販売する。

hanare
Photo: Keisuke Tanigawa

渋谷、下北沢からもアクセスしやすい好立地が魅力

三軒茶屋は32016や天狗食堂をはじめ、アンダーグラウンドなクラブカルチャーが醸成される「箱」が立ち並ぶエリア。立ち飲み屋が密集する三角地帯もあることから、外国人観光客も多く訪れる。また、近年新たなクラブが増え盛り上がりを見せている下北沢にもアクセスしやすく、渋谷へ行く場合もタクシーで10分弱と利便性は高い。

今後、ハナレに寄ってから各方面へ遊びに出かける、という行動パターンが広まることを期待したい。なお、現在はお店も試行錯誤を重ねているところ。不定休となるため、訪れる前には店のInstagramから、DJのラインアップや営業時間をチェックしてほしい。 

ハナレの詳細はこちら

関連記事

東京、クラブイベント6/10-6/17

開催14年のりんご音楽祭、3日間で5ステージが復活

そびえ立つ絶壁、圧巻ロケーションの野外フェス「岩壁音楽祭」が復活

東京タワーの真下でヒップポップやDJ、Red Bullが東京の「今」を凝縮

テクノの祭典rural、昭和レトロな熱海のホテルニューアカオ館で開催

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告